夜の天空を川が流れているような、星空の色を連想させる花色とは思いませんか。天の川-Amanogawa は、星のような花形をしています。枝が細くて充実するのに時間を要しますが、黒星病耐性がとても強く栽培しやすい面もあるバラです。

バラ苗・ハーブ種・園芸用品の通販

バラ 天の川は一重咲きのフロリバンダ系統

天の川は黄色の一重咲きで弁質がよいバラ

  • 天の川は、数輪の房咲きになり花つきはよいが、花枝が細く花もちはよくありません。
  • 咲き進むと花色が白く褪せてくるバラです。
  • 一重咲きで花弁質がよく、咲きすすむと花弁が反り返る。
  • 生育が緩やかで枝がしっかりするまで時間がかかるので、根気よく育てましょう。
  • 1963年ハンブルグ国際コンクールで日本初の入賞品種。
  • 耐病性は、うどんこ病には弱い。黒星病には非常に強い。定期的な薬剤散布を欠かさないようにしましょう。
  • うっどんこ病の原因は、土壌や落葉の中で繁殖するカビです。そのカビは、ウドンコカビ科の子嚢菌(しのうきん)と呼ばれ、もともと森林の土の中や落ち葉などに生息しています。森の土の中や落葉、倒木などに生息し、目に見えないほどの大きさなので、風に飛ばされて植物に付着し、増殖します。高い気温と低い湿度の環境を好み、生きた植物の葉の養分を吸って繁殖します。

病害虫の防除対策⇒詳細はトップページの「バラの園芸・作業」をクリックしてください。

スポンサードリンク

天の川は濃い黄金色で花弁数は4~8枚です

フロリバンダ系統には珍しい一重咲きの花弁は4~8枚ですね

天の川のツボミです

華奢な花形ですが春から秋のシーズンを通して咲きます。綺麗なゴールドカラー・・

天の川はほんとに夜空の星のような花形ですね

強い横張り性で少しかたよって伸びやすいバラ

  • 作出国:日本
  • 作出年:1956年
  • 作出者:鈴木省三
  • 系統:[F] フロリバンダ
  • 交配親:Golden Scepter の実生(Seedling) × 無名の実生(Seedling)
  • 咲き方:四季咲き
  • 花形:一重咲き
  • 花径:中輪
  • 香り:微香
  • 樹形:半横張り性
  • 樹高:90cm
  • 撮影:谷津バラ園、生田緑地ばら苑 2015年6月・10月

冬の枝枯れや病気には注意が必要です

バラ園の風景:

相模原北公園の風景