シャルラッハ グルート Scharlachglut は、ロサ・ガリカを交配親にして作出されたシュラブ樹形の品種です。別名で「スカーレットファイヤー (Scarlet Fire )」とも呼ばれます。

シャルラッハグルートはシュラブ系統のバラ

交配親のポインセチアから受け継いだ鮮紅色が貴重

スポンサードリンク
  • 数輪の房咲きになり、花つきは普通。
  • 真紅の花弁と長くて純黄色のしべとのコントラストが美しい。
  • 野生種は、冬剪定で開花枝から伸びたシュートの真上で切り取り、自立させる。
  • もう一方の仕立ては、高いアーチ、トレリスや壁面に誘引すると映える。
  • 耐病性は、うどんこ病、黒星病ともに普通。月間3~4回の定期的な薬剤散布は必要です。

※ バラの手入れや病害虫の防除⇒トップページ「バラの園芸・作業」をクリックしてください。

シャルラッハグルートは一季咲き

赤色の一重咲きです

シャルラッハグルートは樹高200cmくらい

シャルラッハグルートは小輪サイズ

高いアーチ、ポール、オベリスクへの誘引に向く

  • 作出国:ドイツ
  • 作出年:1952年
  • 作出者:Wilhelm  JH Kordes Ⅱ
  • 系統:[S] シュラブ(ハイブリッドガリカ)
  • 交配:Poinsettia × Alika
  • 咲き方:一季咲き
  • 花形:一重咲き
  • 花径:中大輪(9cm・花弁数4~8枚)
  • 香り:微香
  • 樹形:シュラブ(剪定して自立・つる性として誘引)
  • 樹高:250cm
  • 撮影:花菜ガーデン 2018年5月

野性種の強さを受け継いだ品種

バラ園の風景:春の横浜イングリッシュガーデン

春の横浜イングリッシュガーデン

園芸メモ:(うね)⇒野菜のタネをまいたり、苗を植えつけるために、土を縦に細長く盛り上げたもの。

スポンサードリンク