ジャクリーヌ デュ プレ Jacqueline du Pré は、中大輪の白色の花弁に、赤桃色の長いしべとのコントラストが美しいシュラブ系統です。

ジャクリーヌデュプレはシュラブ系統

長い赤桃色のしべが美しい

スポンサードリンク
  • 早咲きで、返り咲きが多く晩秋まで咲き続ける。
  • 数輪の房咲きになり、花つきがよい。
  • 花もちはよくないが、四季咲き性が強く秋まで返り咲きます。
  • 次々とツボミが上がって枝を茂らせます。
  • 耐病性は、うどんこ病、黒星病ともに普通。春から秋の生育期間は、1週間~10日に1回以上の定期的な薬剤散布は欠かせません。

※ バラの手入れや病害虫の防除⇒トップページ「バラの園芸・作業」をクリックしてください。

返り咲き品種です

ジャクリーヌデュプレは白色のバラ

樹高は約200cmです

ジャクリーヌデュプレは樹勢が強い

花つきがとてもよいバラ

花首は短いが丈夫に育つ

  • 作出国:イギリス
  • 作出年:1988年
  • 作出者:Harkness
  • 系統:[S] シュラブ 
  • 交配:Radox Bouquet × Maigold
  • 咲き方:四季~返り咲き
  • 花形:浅いカップ咲き
  • 花径:中大輪(9cm・花弁数12~15枚)
  • 香り:中香
  • 樹形:シュラブ(剪定して木立ち性・誘引してつる性)
  • 樹高:250cm
  • 撮影:花菜ガーデン 2018年5月

シュートは太くて堅くややトゲが多い

バラ園の風景:春の京成バラ園

春の京成バラ園の風景

園芸メモ:ウッドデッキ⇒板張りの床が、部屋から屋外へ連なって張り出したもの。

スポンサードリンク