ロサ センペルウィレンス Rosa Sempervirens は、オールド・ローズの品種群の一つ、「ハイブリッド・センペルウィレンス」の交配親になる、ヨーロッパ原産の原種です。

ロサセンペルウィレンスは原種です

樹高は600cm以上にも伸長する

スポンサードリンク
  • 数輪の房咲きになり、とても花つきがよい。
  • 半常緑性で、晩秋まで落葉しない。
  • 耐病性は、うどんこ病、黒星病ともに強い。
  • 改良品種には、人気のあるハイブリッド・センペルウィレンス( HSem )系統の「フェリスィテ ペルペテュ (Felicité et Perpétue )」があります。

※ バラの手入れや病害虫の防除⇒トップページ「バラの園芸・作業」をクリックしてください。

ロサセンペルウィレンスは一季咲き

ロサセンペルウィレンスはつる性です

ロサセンペルウィレンスは地中海沿岸の原産

ロサセンペルウィレンスは一重咲き

ロサセンペルウィレンスは白色のシンプルな花

ロサセンペルウィレンスはつる性

経年とともに頑丈な株になる

  • 作出国:地中海沿岸
  • 作出年:1629年以前
  • 作出者:不明
  • 系統:[Sp] 原種
  • 交配:不明
  • 咲き方:一季咲き
  • 花形:一重咲き
  • 花径:小輪(4cm・花弁数5枚)
  • 香り:微香
  • 樹形:つる性
  • 樹高:600cm
  • 撮影:花菜ガーデン 2018年5月

明緑色の半楕円形の葉は柔らかくてよく茂る

バラ園の風景:春の花菜ガーデン

花菜ガーデンの風景

園芸メモ:花卉(かき)⇒花木も含めて、鑑賞のために栽培する植物のこと。

スポンサードリンク