いろは バラ-黄色のしべと花色とのコントラストが綺麗-イパネマおやじ

いろは (Iroha) は、日本のバラらしい和の風情に満ちています。平咲きになる花弁の、裏側は白色で表は明るい赤色のフロリバンダ系統です。

いろははフロリバンダ系統

細くて長めの花首でうつむき気味に咲く

  • 数輪の房咲きになり、花つきはとてもよい。
  • 四季咲き性が強く、春から晩秋までよく咲く。
  • シュートの発生が少ないので、ピンチ(摘心)を欠かさず、枝数を増やし早く株を充実させる。
  • フロリバンダ系統の冬剪定、多花性の品種はやや浅めに全体の1/3を目安にする。
  • 耐病性は、うどんこ病、黒星病ともに普通。春から秋の生育期には、1週間~10日に1回以上の定期的な薬剤散布は欠かせません。

段落のライン画像

※ バラの手入れや病害虫の防除⇒トップページ「バラの園芸・作業」をクリックしてください。

いろはは丸弁平咲き

いろはは中輪サイズのバラ

いろははティー系の芳香がある

いろはは四季咲き性

夏になると花弁の白色が少なくなり赤色になる

  • 作出国:日本
  • 作出年:2010年
  • 作出者:京成バラ園芸
  • 系統:[F] フロリバンダ
  • 交配:未発表
  • 咲き方:四季咲き
  • 花形:丸弁平咲き
  • 花径:中輪(6cm・花弁数17~25枚)
  • 香り:微香
  • 樹形:横張り性
  • 樹高:120cm
  • 撮影:花菜ガーデン 2018年5月

トゲも少なく全体にシュラブのような枝ぶり

バラ園の風景:横浜のバラ園にて

横浜にあるバラ園の風景

園芸メモ:花茎(かけい)⇒花の茎のこと。詳細には、チューリプに見られるような、葉をつけないで上部に花だけをつける茎のこと。

段落のライン画像