ロサキネンシス バラ苗-濃いローズ色で半八重咲きの原種|イパネマおやじ

ロサ キネンシス(Rosa chinensis)は、多くのバラ品種の交配親となるオールド・ローズです。「庚申ばら」のつる性種です。

ロサキネンシスは原種です

枝はしなやかで細いが丈夫

  • 数輪の房咲きになり、花つき花もちは普通。
  • 別名を「庚申ばら」とも呼びます。庚申とは、道教の守庚申から、干支の庚申(かのえ・さる)の年または日の禁忌行事を伴う信仰のことで、ほぼ2ヶ月に1回くる。春後も四季を通じて咲くことから呼ばれたものと思われます。当時としては、四季咲き品種は存在せず、とても珍しいバラだったのでしょうね。
  • 耐病性は、うどんこ病、黒星病ともに普通。春から秋の生育期には、月間3~4回の薬剤散布は必要です。

段落のライン画像

※ バラの手入れや病害虫の防除⇒トップページ「バラの園芸・作業」をクリックしてください。

ロサキネンシスの別名はコウシンバラです

ロサキネンシスは返り咲き

ロサキネンシスはつる性

ロサキネンシスは小輪サイズ

ロサキネンシスは中国の原産

つる性だが春以降も返り咲く

  • 作出国:〔原産地・中国)
  • 作出年:1789年以前
  • 作出者:
  • 系統:[Sp] 原種
  • 交配:
  • 咲き方:返り咲き
  • 花形:半八重咲き
  • 花径:小輪(5cm・花弁数7~15枚)
  • 香り:微香
  • 樹形:つる性
  • 樹高:400cm
  • 撮影:生田緑地ばら苑 2018年5月

葉は明緑色で照り葉

バラ園の風景:生田緑地ばら苑への歩道沿いの風景

生田緑地ばら苑の風景

園芸メモ:仮植え(かりうえ)⇒定植地に既に作物が植えられていたり、作業する季節が不適切などの理由で、植えつけ場所にすぐに植えられないとき、仮の場所に一時的に苗や苗木を植えておくこと。

段落のライン画像