人気の赤色のバラ10-No.2  木立ち性-イパネマおやじ

人気の赤色のバラ・木立ち性 No.1|人気の赤色のバラ・木立ち性 No.2

人気の赤色のバラ・木立ち性 No.3

  • 人気の赤色のバラ10-No.2 木立ち性(ブッシュ・ローズ系統)のバラ、を追記しました。前回のページに書いたので、重複しますが改めて説明します。
  • 木立ち性(ブッシュ・ローズ)→自立する樹形で、ハイブリッドティー系統、フロリバンダ系統、ミニチュアローズ系統の品種群のこと。半つる性、つる性、シュラブ・ローズとは異なる系統。

木立ち性の系統は四季咲き性が基本

段落の仕切りライン

弁質のよい花弁は光沢がある緋赤色のバラ⇒サイト内ページ

エナハークネス(Ena Harkness)→花首が長くて真っ直ぐに伸長する。弁質がよく厚みがあり、花もちがよい。ダマスク系の芳香がある。剣弁高芯咲きの中輪咲き。

篤姫は赤色のバラ

エナハークネスは緋赤色

段落のライン画像

1~2輪の房咲きになり花つきのよい品種⇒サイト内ページ

カーディナル(Kardinal)→ハイブリッドティー系統の大輪咲き。花径12cm程で花弁数は300~35枚になる。樹高は140cm位で半横張り性の樹形。

カーディナルは半剣弁高芯咲きです

段落のライン画像

褪色の少ない優れた弁質で花もちのよい品種⇒サイト内ページ

リリーマルレーン(Lili Marleen)→中輪サイズの丸弁抱え咲き。四季咲き性のフロリバンダ系統で、樹高は約110cm。(画像は経年と共に株が大きくなり枝が長く伸長しています)

リリーマルレーンはフロリバンダ系統

段落のライン画像

病気に強い品種で、修景バラとして広く栽培されている⇒サイト内ページ

ラセビリアーナ(La Sévillana)→樹形のまとまりがよく、管理がしやすい。フロリバンダ系統の四季咲き性です。半八重平咲きの中輪サイズで、樹高は130cmで横張り性の樹形です。

半八重平咲きのフロリバンダ系統の赤色バラ

段落のライン画像

ビロードのような弁質の小輪で花つきのよいミニバラ

ロゼット状のポンポン咲きになるミニチュアローズ系統のバラ⇒サイト内ページ

レッドミニモ(Red Minimo)→花径4~5cmの小輪サイズで、花弁数は15~25枚。ベルベットのような黒赤色の花弁と、黄色のしべとの対比が美しい。

レッドミニモはミニバラです

レッドミニモの2枚組画像

段落のライン画像

濃赤色のフロリバンダ系統⇒サイト内ページ

ガルテンツァーバー’84(Gartenzauber ‘84)→開花が進むと、花弁が緩んで黄色のしべが開く。数輪の房咲きになり、花つき花もちがよい品種。花径9cm程の中輪咲き。樹高は110cmで、半横張り性樹形になる。

濃赤色のフロリバンダ系統

段落のライン画像

真紅の大輪咲きで、花形は剣弁高芯咲きの大輪サイズ⇒サイト内ページ

アメリカーナ(Americana)→ハイブリッドティー系統の大輪サイズ。春の花後も繰り返し咲き続ける。ダマスク香の強い芳香がある。

アメリカーナは大輪咲きの赤色

段落のライン画像

花弁はビロードのような艶があり黒味の濃い赤色バラ⇒サイト内ページ

鵜匠(Ushoh)→丸弁咲きの整った花形。黒赤色バラとしては日焼けに強く、高温期には色合いが薄めになる。数輪の房咲きになり、花つきがよい品種。

鵜匠はフロリバンダ系統です

段落のライン画像

やや黒味のある赤色で強い芳香がある⇒サイト内ページ

ミランディ(Mirandy)→ハイブリッドティー系統の、半直立性の樹形。コンパクトな樹形で、鉢栽培にも適する。弁質のよい花弁は、雨などによる傷みがすくない。剣弁高芯咲きで、花径11cm以上の大輪サイズ。

ミランディはビロードのような花弁

段落のライン画像

黒赤色バラの名花3兄弟の一つ

濃黒赤色の半剣弁高芯咲きで花径12cm以上の巨大輪⇒サイト内ページ

オクラホマ(Oklahoma)→同じ交配親の、パパメイアンとミスターリンカーンと同じく12cm以上の巨大輪。ダマスク・モダン系の芳香がある。樹高は120cm程で、半横張り性の樹形。

オクラホマは赤色の巨大輪品種

段落の仕切りライン