レッド ミニモ Red Minimo は、小さな花が特徴のミニチュア品種の中でも、特に小輪サイズの花を咲かせます。

レッドミニモはミニチュア系

半日陰でも耐えて育つ強健種

  • 数輪の房咲きになり、花つき花もち共によい。
  • 耐病性は、うどんこ病、黒星病ともに普通。春から秋の生育期には、月間3~4回の薬剤散布は必要です。
  • ミニチュア系統の大敵である、ハダニには比較的強い。それでも、花後の花がらの切り取りや葉裏の水洗い、殺ダニ剤の散布は必要。
  • 枝変わりに、桃色で更に小輪の「ロージー・ミニモ」、花つきがよくつる状に伸びる「つるレッドミニモ」がある。

※ バラの手入れや病害虫の防除⇒トップページ「バラの園芸・作業」をクリックしてください。

レッドミニモは四季咲き性

レッドミニモは小輪サイズ

レッドミニモは朱赤色のバラ

レッドミニモは樹高30cmです

ブラインド・シュートが少なく花つきがよい

  • 作出国:オランダ
  • 作出年:1991年に、De Ruiter Innovations BV が作出
  • 作出者:2010年に、Greenheart Farms が発表
  • 系統:[Min] ミニチュア
  • 交配:実生 × 実生
  • 咲き方:四季咲き
  • 花形:半剣弁咲き
  • 花径:小輪(2cm・花弁数15~25枚)
  • 香り:微香
  • 樹形:横張り性
  • 樹高:30cm
  • 撮影:花菜ガーデン 2018年5月

ミニバラの中でも小輪サイズ

バラ園の風景:春の花菜ガーデン

花菜ガーデンの風景

園芸メモ:活力剤(かつりょくざい)⇒シャワータイプやアンプルなどの製品は、各種の肥料成分が含まれているが、低濃度のため、法律上では肥料と呼べないので、活力剤と呼ばれています。

スポンサードリンク