小紫(こむらさき) Komurasaki は、濃い紫色の一重咲きに、長いしべが鮮やかなポリアンサ系統のバラです。

濃紫はポリアンサ系統

全体が丸くなるように剪定する

スポンサードリンク
  • 数輪の房咲きになり、花つきがとてもよい。
  • 樹形は、半横張り性であまり横に広がらず樹高も低目でコンパクト。
  • ポリアンサ系の冬期の剪定は浅めにして、混み合った部分や古い枝は株元から取り除く。
  • 節数が少ないので、花がら摘みの際は花首から切り取り、葉数を残す。
  • 剪定の際の樹高は、全体の1/3程度を目安に切り落とします。
  • 耐病性は、うどんこ病、黒星病ともに普通。春から秋の生育期には、月間3~4回の薬剤散布は必要。

※ バラの手入れや病害虫の防除⇒トップページ「バラの園芸・作業」をクリックしてください。

小紫は四季咲き

小紫は半横張り性

小紫は樹高が約60cm

小紫はモダンローズの品種群の一つ

樹高は低くてまとまりのよい株になる

  • 作出国:日本
  • 作出年:2010年
  • 作出者:河合伸志 氏
  • 系統:[Pol] ポリアンサ
  • 交配:
  • 咲き方:四季咲き
  • 花形:一重咲き
  • 花径:小輪(5cm・花弁数5~7枚)
  • 香り:微香
  • 樹形:シュラブ(剪定して自立 & トレリスや小さな壁面に誘引する)
  • 樹高:60cm
  • 撮影:花菜ガーデン 2018年5月

トゲが少なく扱いやすい

バラ園の風景:横浜のバラ園にて

春の横浜イングリッシュガーデン

園芸メモ:ポリアンサ⇒バラの分類上の系統。モダンローズの品種群の一つで、ノイバラとチャイナ・ローズの交雑に由来する。房咲きで多花性の小輪咲きが特徴です。

スポンサードリンク