アンヌ マリー ド モントラベル Anne Marie de Montravel は、コロコロとした丸みのあるカップ咲きの多花性で、とても強健な品種です。

アンヌマリードモントラベルはポリアンサ系統

シュートの発生が活発で分枝が多い

  • 20~30輪のスプレー咲きになり、とても多くの花をつける。
  • 花がらが散らずに残るので、花がら摘みを小まめに行う必要がある。
  • 細くてしなやかな枝は、横に長く伸びるので支柱を設置する場合もある。
  • 植えつけて1~2年は鉢栽培でも楽しめる。後に地植えにしてもよい。
  • 耐病性は、うどんこ病、黒星病ともに強い。病気に強い品種でも、月間1回程度の薬剤散布をして予防対策をすることで、より順調な生長が期待できる。

※ バラの手入れや病害虫の防除⇒トップページ「バラの園芸・作業」をクリックしてください。

アンヌマリードモントラベルは四季咲き性

アンヌマリードモントラベルは横張り性

アンヌマリードモントラベルは樹高約50cm

花つきがとてもよく常に咲いている

  • 作出国:フランス
  • 作出年:1879年
  • 作出者:Joseph Rambaux
  • 系統:[Pol] ポリアンサ
  • 交配:Polyantha alba plena sarmentosa × Madame de Tartas
  • 咲き方:四季咲き
  • 花形:カップ咲き
  • 花径:小輪(3cm・花弁数17~30枚)
  • 香り:中香
  • 樹形:横張り性
  • 樹高:50cm
  • 撮影:花菜ガーデン 2018年5月

満開時には株を覆いつくす程になる

バラ園の風景:バラの咲く頃神代植物公園にて

神代植物公園の風景

園芸メモ:鹿沼土(かぬまつち)⇒栃木県鹿沼地方で採掘される、火山砂礫が風化した酸性の黄色粒状土のこと。通気性、排水性に優れていて、酸性土壌を好む植物の基本用土に適している。

スポンサードリンク