アストラデズモンド バラ-とても強健な白色つるバラ-イパネマおやじ

アストラデズモンド(Astra Desmond)は、イギリス・ケント州のSir Thomas Neaameにより発見された白色のつるバラです。作出場所・作出者ともに不明な品種というのは、とても珍しい例ですね。樹勢が強く、横張り性樹形で5m以上にも及びます。画像は、京成バラ園にて撮影したものですが、アーチ状に誘引され7m以上はありました。

つる性の白色バラ

枝葉ともによく茂る

  • 10数輪の房咲きになる多花性のバラ。
  • つる性の横張り樹形で5m以上にも及ぶ。

段落のライン

アストロデスモンドはつるバラです

一季咲きです

樹高は500cmくらい

作出者は不明です

樹勢が強く花つき花もちがよい

  • 作出国:不明
  • 作出年:不明
  • 作出者:不明(イギリス・ケント州のSir Thomas Neaameによって発見された)
  • 系統:[Cl] クライミング
  • 交配:不明
  • 咲き方:一季咲き
  • 花形:半八重咲き
  • 花径:小輪(4cm・花弁数27~40枚)
  • 香り:微香
  • 樹形:つる性
  • 伸長・樹高:600cm
  • 撮影:京成バラ園 2017年5月

小中輪サイズの白色バラ

バラ園の風景:

伸長は600cm以上にも及ぶ

段落のライン