スノー グース Snow Goose は、小型のランブラー種のようなつる性のバラです。耐病性に優れて、樹勢も強いので手間いらずで、初心者にもお奨めの品種です。

スノーグースは四季咲き

トゲが少なく扱いやすい壁面やオベリスク、アーチなどに向く

スポンサードリンク
  • 10~30輪の大きなスプレー咲きになり、花つきがよい。
  • シュートの発生が活発で、葉もよく茂ります。
  • 枝には、ほとんどトゲが無く細くてしなやかで扱いやすいので、誘引が容易です。
  • 実がなりやすいので、多くの花を咲かせたい場合は、花がらはマメに摘み取る。ヒップを楽しむなら二番花が咲いたら、そのまま放置します。
  • 耐病性は、うどんこ病、黒星病ともにとても強い。病気に強い品種も、月間1回程度の薬剤散布をして予防対策をしておくことで、より順調な生長が促進されます。

※ バラの手入れや病害虫の防除⇒トップページ「バラの園芸・作業」をクリックしてください。

スノーグースはシュラブ系統

スノーグースはイングリッシュローズです

スノーグースは小輪サイズ

スノーグースは横張り性

経年とともに株が育つと樹勢が強くなる

  • 作出国:イギリス
  • 作出年:1996年
  • 作出者:David Austin
  • 系統:[S] シュラブ
  • 交配:未発表
  • 咲き方:返り咲き
  • 花形:ポンポン咲き
  • 花径:小輪(4cm・花弁数17~25枚)
  • 香り:中香(ムスク香)
  • 樹形:つる性
  • 樹高:300cm
  • 撮影:横浜イングリッシュガーデン 2017年5月

結実しやすいので花がら摘みを小マメに行う

バラ園の風景:横浜にあるバラ園にて

横浜イングリッシュガーデンの風景

園芸メモ:寒冷地(かんれいち)⇒寒さが厳しい地域のこと。国内だと、北海道、東北、甲信越、標高の高い地域です。冬や寒気の強い時期などは、雪や凍結から植物を保護する必要があります。

スポンサードリンク