人気の赤色のバラ10-No.5 木立ち性イパネマおやじ

バラの樹形は、大別すると木立ち性樹形、半つる性樹形、つる樹形そしてランブラー樹形に分けられます。

木立ち性樹形(ブッシュローズ系統)の特徴は、枝が硬く上へ向って伸長する性質で、支柱などがなくても自立できるタイプのことです。さらに細分すると、直立性(私は、直立性と半横張り性の中間の、どちらとも判断できない際に、半直立性と表示することもあります)、半横張り性、横張り性などに分けられます。

人気の赤色のバラ・木立ち性 No.1 | No.2 | No.3 | No.4 | No.5

仕切りライン大

赤色のバラはなぜか心がときめく

かざぐるま (Kazaguruma) → サイト内ページ

少し小振りな丸弁平咲きで、開花すると顔をのぞかせるしべとの色合いの対比が楽しめます。フロリバンダ系統の中輪サイズで、花弁数は10枚程です。半横張り性の樹形で、高さは120cm位です。

赤色のバラ

仕切りライングレー小

クリムゾングローリー (Crimson Glory) → サイト内ページ

初めて作出された、ビロードのような弁質を持つ深紅色の品種です。この後、多くの赤色系の交配親として貢献したバラでもあります。ドイツの名育種家コルデス家の誇りあるバラとして人気があります。

クリムゾングローリー

仕切りライングレー小

乾杯 (Kanpai) → サイト内ページ

日本の「ミスターローズ」と呼ばれる鈴木省三 氏が作出した赤色系品種の代表作です。ハイブリッドティー系統の大輪種です。半剣弁高芯咲きで、ボリューム感のある花姿になります。

乾杯は赤色のバラです

仕切りライングレー小

ラマルセイエーズ (La Marseillaise) → サイト内ページ

ハイブリッドティー系統で、花径13cmにも及び巨大輪種です。樹勢が強く、生育旺盛で厳しい環境でも上部に育つ品種です。初心者にも育てやすい品種です。

真紅のバラ

仕切りライングレー小

夏の高温は日焼けをしやすいの対策が必要

メリナ (Melina) → サイト内ページ

早咲き品種で、花つきがよい品種です。明るくい緋赤色の大輪咲きで、樹形のまとまりもよく管理の手間がかからないので育てやすい品種の一つですね。

メリナ

仕切りライングレー小

レッドクィーン (Red Queen) → サイト内ページ

ハイブリッドティー系統の大輪種です。花径11cmを越える剣弁高芯咲きで、ティー系の芳香があります。樹高140cm程の半直立性で、春の花後も晩秋まで気ままに咲きます。

レッドクィーン

仕切りライングレー小

レッドインテューション (Red Intuition) → サイト内ページ

ハイブリッドティー系統の大輪種です。濃い赤色のベースカラーに濃桃色の絞りが入る珍しい花色をしています。花つきは普通で、花もちがよい品種です。

濃い赤色のベースに濃桃色の絞りが入る

仕切りライングレー小

赤色バラは温度により花色が変化する品種が多い

ルビーセレブレーション (Ruby Celebration) → サイト内ページ

黒赤色のツボミが開花すると、より濃い黒赤色になるフロリバンダ系統です。数輪の大房になり、花もちもよいバラです。低温期は、より黒味が強くなります。

ルビーセレブレーション

仕切りライングレー小

仕切りライングレー小

夜の調べ (Yoru no Shirabe) → サイト内ページ

黒赤色のバラは多数ありますが、中でも黒味の濃さでは特筆すべき品種です。赤色系品種特有の日焼けに弱いという、特有の性質も小まめに日陰に出し入れすれば花もちがよくなります。

夜の調べ

仕切りライングレー小

アリンカ (Alinka) → サイト内ページ

少し朱色がかった赤色のベースカラーの弁底が濃いクリーム色に染まるバイカラーの品種です。ハイブリッドティー系統ですが花径は少し小振りな印象です。まとまりのよい樹形で鉢栽培にも適します。

赤色の複色バラ

仕切りライン大