人気のローズピンク~紅紫色のバラ10-No.3 木立ち性-イパネマおやじ

人気のローズピンク~紅紫色のバラ・木立ち性 No.1

人気のローズピンク~紅紫色のバラ・木立ち性 No.2

人気のローズピンク~紅紫色のバラ・木立ち性 No.3

人気のローズピンク~紅紫色のバラ・木立ち性 No.4

  • 「人気のバラ10シリーズ 木立ち性(ブッシュ・ローズ系統)ローズピンク~紅紫色」を前回に続いて3回目を紹介します。繰り返しになりますが、木立ち性(ブッシュ・ローズ系統)とは、枝が太くて硬く、自立する性質を持った品種群のことです。
  • ハイブリッドティー系統、フロリバンダ系統、ミニチュアローズ系統などの代表的なものと、一部のオールド・ローズ後期のチャイナ系統などを含め、四季咲き性のものがブッシュ・ローズのグループに分類されます。

ブッシュ樹形のバラは剪定で樹高の調整ができる

大サイズのライン画像

一重咲きのフロリバンダ系のバラ⇒サイト内ページ

カウンティフェア(County Fair)→鮮明なローズピンク色の花びらと金色のしべとのコントラストが美しいバラ。花つきがよく次々と開花するが花もちはよくない。樹高140cm程の半横張り性。

サーモンピンク色で一重咲きです

段落の仕切りライン小

ピンク色のベースに軽く杏色が染まる⇒サイト内ページ

ロマンティックアンティーク(Romantic Antike)→花弁は繊細で雨などにより傷みやすい。ドイツで作出されたハイブリッドティー系統。花径12cm程の大輪花。

花径12cm位の大輪バラ

段落の仕切りライン小

赤みがかった深みのある藤色⇒サイト内ページ

ムーンシャドウ(Moon Shadow)→多花性で花数が多いが花もちは普通です。香りの大賞を受賞した芳香の強いバラ。ハイブリッドティー系統の直立性の樹形はまとまりがよい。

高貴な藤色のバラ

段落の仕切りライン小

四季咲き性の品種のほぼ全てがブッシュ樹形になる

半直立性の株立ちで枝ぶりもよく美しい樹形⇒サイト内ページ

ペーターフランケンフェルド(Peter Frankenfeld)→少し遅れて咲く遅咲き品種だが、花つきがよい。花枝が丈夫で弁質もよく花もちがよい。剣弁高芯咲きの整った花形。

赤紫色のバラ

ペーターフランケンフェルドの2枚組

段落の仕切りライン小

咲き始めは淡いピンク色で覆輪のローズ色が濃くなっていく⇒サイト内ページ

ニコル(Nicole)→ドイツのReimer Kordesが作出したフロリバンダ系統。新しいシュートの発生が少ない品種。うどんこ病には普通だが、黒星病に弱いので月3~4回の定期的な薬剤散布が必要です。

ニコルはフロリバンダ系統のバラ

段落の仕切りライン小

強い横張り性の樹形で枝にはトゲが多い⇒サイト内ページ

ヒストリー(History)→「つるヒストリー」は当種の枝変わり品種。ハイブリッドティー系統だが房咲きになる。花径10cm程のロゼット咲き。ドイツのタンタウ社が販売。

ヒストリーはロゼット咲きの花形

段落の仕切りライン小

剪定を繰り返して花を咲かせる

ビートルズのポール・マッカートニーの名前を冠したバラ⇒サイト内ページ

ザマッカートニーローズ(The McCartney Rose)→花弁の外側がやや淡くなり対比が美しい。ダマスク香とティー系の芳香がある。樹勢が強く、枝は太くなりよく伸長する。

ローズピンク色の半剣弁高芯咲き

ザマッカートニーローズの2枚組

段落の仕切りライン小

数輪の房咲きになり多くの花を咲かせる⇒サイト内ページ

ポンポネッラ(Pomponella)→濃桃色のディープカップ咲きの丸い花弁が可愛いバラ。強いリンゴのようなフルーツ香がある。小輪サイズだがボリュームのある花形です。

ポンポネッラは濃い桃色のバラ

段落の仕切りライン小

レモンのようなフルーティな香りが素晴らしいバラ⇒サイト内ページ

ビバリー(Beverly)→花つき花もちのよい品種で、枝のトゲが少なく扱いやすい。丈夫な性質で、経年と共に枝が太り立派な株立ちになる。耐病性に優れ、特に黒星病にはとても強い。

経年と共に丈夫な株立ちになる

段落の仕切りライン小

濃いローズピンク色の半剣弁高芯咲き⇒サイト内ページ

マリアカラス(Maria Callas)→往年の名オペラ歌手マリア・カラスの名前を冠したバラ。ダマスク香の強い芳香がある。花径15cmにも及ぶ巨大輪。樹高120cm以上の半直立性。

マリアカラスは巨大輪バラ

マリアカラスは巨大輪バラ

大サイズのライン画像