• カクテル-Cocktail は、欧米では半つる性に分類されているが、日本ではつる性バラとして流通しています。
  • 冬に強めに切りつめても翌春にはよく咲き、枝が細くて、しなやかなので自由な誘引や仕立てができます。

カクテルはシュラブ系統のバラ

花弁の中心が明黄色のバラ

  • 赤色の一重で小中輪咲きになる、最もなじみ深いバラの一つですね。
  • 極早咲きの品種、弁芯の鮮やかな黄色は開花すると、薄れて白さを帯びてくるバラ。
  • 春の開花後も気ままに返り咲きます。
  • 夏季の高温期には花数が少なくなる。
  • 枝変わりに花色が少し淡くなった「ピンク・カクテル」があり、トゲが少なく葉が丸みを帯びているます。
  • 耐病性は、うどんこ病、黒星病ともに強い。厳しい条件に耐える品種だが、順調な生育のために月に1回程度の薬剤散布をしたほうが、次々と花を咲かせます。

スポンサードリンク

今日のバラ タイトル

カクテルはマイルドなスパイシー系の香りがある

カクテルの枝は伸長が250cm以上にもなる

カクテルは人気の高い一重咲きつるバラ

カクテルは一重咲きです

カクテルの花径は約5cmの小中輪サイズ

花色の変化と花つきのよさで人気が高い

  • 作出国:フランス
  • 作出年:1957年
  • 作出者:Francis Meilland
  • 系統:[Cl] クライミング
  • 交配親:(Independence × Orange  Triumph)× Phyllis Bide
  • 咲き方:四季~返り咲き
  • 花形:一重咲き
  • 花径:小中輪(5cm・花弁数4~8枚)
  • 香り:微香
  • 樹形:つる性
  • 伸長:250cm
  • 撮影:生田緑地ばら苑 2014年6月・10月

※ バラの手入れや病害虫の防除⇒トップページ「バラの園芸・作業」をクリックしてください。

バラらしくないシンプルな花姿に人気がある

バラ園の風景:

多摩グリーンライブセンターの風景