人気のピンク系の複色バラ10-No.1 木立ち性イパネマおやじ

人気のピンク系の複色バラ・木立ち性 No.1|人気のピンク系の複色バラ・木立ち性 No.2|人気のピンク系の複色バラ・木立ち性 No.3

「人気のバラ10シリーズ 木立ち性(ブッシュ・ローズ系統)ピンク色の復色」を紹介します。

花弁の端の覆輪や全体に絞りが入り複色となる品種

段落の仕切りライン

強いティー香があり花つき花もちがよいバラ⇒サイト内ページ

魅惑(Miwaku)→日本の「バラの父」を称される鈴木省三氏が作出したバラ。花径13cm以上の巨大輪咲き。半横張り性の樹形で、樹高は100cmくらい。葉は濃緑色の照り葉。

魅惑はハイブリッドティー系統のバラ

段落の仕切りライン小

白地に染まるローズピンク色が美しい⇒サイト内ページ

カリフォルニアドリーミング(California Dreamin’)→Meilland社が作出した名花、「プリンセス・ドゥ・モナコ」を改良して作出した品種。経年と共にべーサル・シュートの発生が少なくなる。ハイブリッドティー系統の、大輪咲き品種で花径は11cm程。

ハイブリッドティー系統でピンク色系のバラ

段落の仕切りライン小

複色の品種はハイブリッドティー系統とフロリバンダ系統が多い

柔らかいイメージのサーモンピンク色に弁芯が黄色を帯びる⇒サイト内ページ

ヘレントローベル(Helen Traubel)→花色の表現が難しい個性的な花色。早咲き品種で、花つきがよい。縦長のツボミが開花とともに濃いピンク色の変化する。花径11cm程の大輪咲き品種。直立性の樹形で、高さは140cm程に伸長する。

ピンク系の複色のバラ

花つきがよくティー香がある

段落の仕切りライン小

ピンク色とアイボリーカラーの絞りが入る⇒サイト内ページ

ベリーベリーベッキーローズ(Very Berry Becky Rose)→秋になるとピンク色が濃くなり、ローズピンク色と混合する。気温が高いと絞りは薄くなり、涼しい気温だと黄緑色~アイボリーに変化する。

ピンク色とアイボリーカラーの覆輪が入る

段落の仕切りライン小

花弁が大きく波打つように開花する⇒サイト内ページ

ほのか(Honoka)→樹形はコンパクトでバランスのよい樹形だが、枝にはトゲが多い。半剣弁高芯咲きの大輪品種です。半横張り性で、樹高は約120cm前後に伸びる。

ほのかはフロリバンダ系統のバラ

段落の仕切りライン小

コンパクトな樹形で鉢栽培に向いている⇒サイト内ページ

マチルダ(Matilda)→白色のベースに、ピンク色の覆輪が入る。高貴な雰囲気の中に可憐さがあるフロリバンダ系統。耐寒・耐暑性に優れているので育てやすい品種。

マチルダは丸弁平咲きのバラ

マチルダの2枚組画像

段落の仕切りライン小

やや小型のカップ咲き~ロゼット咲きへ変化する⇒サイト内ページ

バイランド(Bailando)→四季咲き性が強く秋まで繰り返し咲く。7~10輪の房咲きになる多花性の品種。強健な性質で、うどんこ病に強い。花径6cm程の中輪サイズで、樹形は半横張り性で広がった株立ちになる。

バイランドは多花性のバラ

段落の仕切りライン小

四季咲き性はブッシュ・ローズ系統の性質

2010年ローズヒルズ国際コンクール芳香賞受賞のバラ⇒サイト内ページ

フェルゼン伯爵(Le Comte Fersen)→「ベルサイユのバラ」シリーズの中の一品種です。作出したのはフランスの種苗会社Meilland 社が、シリーズ化した品種です。波状弁高芯咲きの中輪サイズ品種です。

 

ローズピンク色の複色はフェルゼン伯爵です

フェルゼン伯爵の2枚組画像

段落の仕切りライン小

白地に広めの淡いローズピンク色の覆輪が入る⇒サイト内ページ

夕霧(Yugiri)→山野草のような淡い花色で清潔感のある品種。分枝が多く、よく枝葉が茂る。半剣弁高芯咲きで、花径13cm程の巨大輪花。葉は明緑色で、大きな楕円形で縁に赤みは入る。HT種の横張り性の樹形。

夕霧はHT系統のバラ

段落の仕切りライン小

一重咲きの弁色は紅紫色で濃淡がある⇒サイト内ページ

プレイガール(Playgirl)→一重咲きの花形で、花弁の花色と金色のしべとのコントラストが美しい。花径7cm前後の中輪サイズ。花弁数は4~8枚です。花もちはよくないが、次々とツボミが上がってくる多花性。樹勢が強く、育てやすいバラです。

プレイガールは一重咲きです

大サイズのライン画像