アイズ オン ミー-Eyes on Me は、シュラブ系当の四季咲き性のバラです。弁芯の濃いローズ色の大きなブロッチが特徴です。この画像は枝を伸長させて壁面に誘引していますが、冬季の剪定で、強めに切り詰めてブッシュ・ローズのように扱うのにも適しています。

アイズ オン ミーは一重抱きのバラ

ロサ・ベルシカ系統の品種です

  • 数輪の房咲きになり、大房になります。
  • 花つきは非常によい、ただし花もちはよくない。
  • シュートは細くてしなやかなので誘引はしやすい。
  • 枝は繊細で細く、トゲは少ないが大きい。
  • 樹形は横張り性で、とても樹勢が強くて丈夫。
  • 耐病性は、うどんこ病には強い。黒星病にはとても強い。それでも月間1回以上の薬剤散布をすると安心。
  • 消毒以外にも注意が必要なこと(特に以下3点)
  • 肥料過多、日照不足、風通しが悪い、水の施しすぎによって起こる株の軟弱化
  • 水切れによる保護層の傷み
  • どれも葉面の保護層が薄くなった時に、菌が侵入するのが原因と考えられます

※ バラの手入れや病害虫の対策⇒詳細はトップページの「バラの園芸・作業」をクリックしてください。

スポンサードリンク

現存する数少ないロサ・ベルシカ系統のバラです

ピンク色の花弁に弁芯にブリッチが入る

花つきはとてもよいですね。5輪程の房咲きになっています

数輪の房咲きになる

4~8枚の一重咲きで、濃いローズ色のブロッチが大きいのもこの花の特徴ですね

ベルシカ系統のバラ

枝の伸長は200cmを越えて濃緑色の葉を多数しげらせています

樹勢が強く育てやすいバラ

とても強健で病気にも強いが栽培には手間がかかる品種

耐病性があり強健な品種

弁芯の大きなブロッチと共に黄色の長いシベが美しい

  • 品種名:アイズ オン ミー Eyes on Me
  • 作出国:イギリス
  • 作出年:2012年
  • 作出者:Christopher H. Warner
  • 系統:[S] シュラブ
  • 交配親:Summer Wine ×{( Tigris  Baby Love) × Scrivbell}
  • 咲き方:四季咲き
  • 花形:一重咲き
  • 花径:中輪(6cm・花弁数4~8枚)
  • 香り:微香
  • 樹形:横張り性
  • 樹高:200cm
  • 撮影:横浜イングリッシュガーデン

ペルシャローズのロサ・ベルシカを交配親に持つバラ

バラ園の風景:横浜にあるバラ園にて

横浜イングリッシュガーデンの風景