レディ オブ メギンチ-Lady of Megginch は、Austin 作出のイングリッシュローズです。ロゼット咲きの大輪花で、クリムゾンレッド色の個性的な花姿からはティー系の芳香があります。

レディ オブ メギンチはロゼット咲きの大輪サイズ

ディープピンク色からローズピンク色へ変わる

スポンサードリンク
  • 数輪の房咲きで、花つきがよいバラ。
  • 大型で存在感のある花は、開花のときはディープ・ピンク色。
  • 咲き進むと少しオレンジ色が混ざって、やがて深いローズピンクに変わります。
  • 花壇の中で咲くと、ひときわ目立ちアクセントになります。
  • 1メートル前後の樹高でよく茂るシュラブになり、樹勢のある強健なバラ。
  • 耐寒・耐暑性に優れているバラ。
  • 耐病性は、うどんこ病、黒星病ともに普通。月間3~4回以上の継続した薬剤散布は必要です。

※ バラの手入れや病害虫の防除⇒トップページ「バラの園芸・作業」をクリックしてください。

レディ オブ メギンチはローズピンク色のロゼット咲き

Austin作出のイングリッシュローズ

シュラブ樹形で樹高が130cm程

大輪のロゼット咲きで華やかな花色が映える

  • 作出国:イギリス
  • 作出年:2007年
  • 作出者:David Austin
  • 系統:[S] シュラブ(イングリッシュ・ローズ)
  • 交配親:実生 × 実生
  • 咲き方:繰り返し咲き
  • 花形:カップ咲き~ロゼット咲き
  • 花径:大輪(10cm・花弁数41枚+)
  • 香り:中香(フルーティ系)
  • 樹形:シュラブ(自立 & 誘引して小型のつるバラに)
  • 樹高:130cm
  • 撮影:生田緑地ばら苑 2014年6月

枝を長く伸ばして小型のつるバラとしても育てられる

バラ園の風景:春の花菜ガーデン

京成バラ園の風景

園芸メモ・バラの栽培用語:フロリバンダ系統⇒モダンローズの品種群の一つ。日本のノイバラに由来するポリアンサ系統と、ハイブリッドティー系統の交雑で房咲き中輪サイズのガーデン・ローズとして重要な系統です。一般的に、春から秋まで咲き続ける中輪房咲き品種です。

スポンサードリンク