• シスター エリザベス-Sister Elizabeth は、中輪のロゼット咲きで弁芯にボタン・アイが現れます。
  • 園芸メモ:ボタン・アイ→ロゼット咲きの重なり合った花びらが開いていくと、花の中心付近の花弁が、さらに内側に向かって巻き込み、ちょうどボタンのように見えることから「ボタン・アイ」と呼ばれています。多くのイングリッシュローズは交配親にオールド・ローズを使っているので、花芯がボタン・アイになる品種が多数あります。シスター・エリザベスはシュラブ系統

弁端が淡桃色になる繊細で美しいバラ

スポンサードリンク
  • 整ったロゼット咲きで、ボタン・アイが見られ、ややうつむいて咲きます。
  • シスター・エリザベスは、スパイシーなダマスク系の芳香を持っている。
  • 枝は半横張りに伸びてコンパクトにまとまり、春から秋まで咲き続けて大きく生長するバラ。
  • 株を大きく育てる場合は、株姿を整える程度の剪定をします。
  • 耐病性は、うどんこ病、黒星病ともに強い。病気に強い品種も月間1回程度の薬剤散布をすれば、より順調な生育が期待できる。

※ バラの手入れや病害虫の防除⇒トップページ「園芸・作業」をクリックしてください。

シスター・エリザベスは四季咲きです

シスター・エリザベスはロゼット咲きです

シスター・エリザベスの樹高は80cmです

シスター・エリザベスの花径は7cm程の中輪サイズ

シスター・エリザベスは整った花形でボタン・アイが現れる

コンパクトな樹形で花壇の前面に植えるとよい

  • 作出国:イギリス
  • 作出年:2006年
  • 作出者:David Austin
  • 系統:[S] シュラブ
  • 交配親:実生 × 実生
  • 咲き方:四季咲き
  • 花形:ロゼット咲き
  • 花径:中輪(7cm・花弁数41+)
  • 香り:中香
  • 樹形:シュラブ樹形 (開帳タイプ)
  • 樹高:80cm
  • 撮影:生田緑地ばら苑 2014年10月

ロゼット咲きになりボタン・アイが現れうつむいて咲く

バラ園の風景:春の谷津バラ園

バラ園の風景

スポンサードリンク