人気の杏色~オレンジ色のバラ10-No.1 シュラブ・ローズ系統-イパネマおやじ

人気の杏色~オレンジ色のバラ10 No.1 | 

シュラブ・ローズ系統⇒やや高性の低木または半つる性のバラ→オールドローズ系統、イングリッシュローズ(系統ではなくブランド名)、野生種やモダンローズの一部の総称です。一季咲きや返り咲き、四季咲きなど品種により開花習性が異なります。

オールドローズの影響を強く受けていて、自然な茂みを作ったり壁面などに誘引して小型のつるバラとして育てる事ができます。枝が細くて、しなやかに弧を描くように伸長する樹形になります。

淡いベージュ色や濃いオレンジ色など多彩

ロココ (Rokoko) → サイト内ページ

淡い杏色の波状弁平咲きで、柔らかく波打つような花弁が印象的なバラです。本来は自立するが日本の気候では、よく伸長してつる樹形になるのでつるバラとして扱われています。

シュラブ系統

段落のライン小

ザシェパーデス (The Shepherdess) → サイト内ページ

アプリコット色にサーモンピンク色や黄色の混じった微妙な花色の品種です。花径は中輪サイズで、花弁数が40枚以上にもなるボリュームのある花形になる。

深いカップ咲き

段落のライン小

アウグスタルイーゼ (Augusta Luise) → サイト内ページ

色合い豊かな花色で、アプリコット色~桃色が混じりオレンジ色にも見える複色です。シュラブ系統で、半直立性の樹形です。花形は波状弁ロゼット咲きの、巨大輪になります。

波状弁ロゼット咲きのバラ

段落のライン小

自立もするが誘引して小型のつるバラでも育てられる

コンテドゥシャンパーニュ (Comtes de Champagne) → サイト内ページ

半八重咲きのカップ咲きになり、花径は7cm程の中輪種です。デビッド・オースチン作出のイングリッシュローズは、樹高が約160cmの半つる性の樹形になります。

杏色~オレンジ色のバラ

段落のライン小

ウエスターランド (Westerland) → サイト内ページ

枝がよく伸びるので、つるバラとして扱うの一般的ですが、冬の剪定で短く切り詰めて自立させることもできる。枝にはトゲが多いので誘引には少々手間かがかかる。

ウエスターランド

段落のライン小

マダムアルベールバルビエ (Madame Albert Barbier) → サイト内ページ

オールドローズ品種群の中の一つ、ハイブリッド・パーペチュアル系統のバラです。アプリコット~淡いオレンジいrの微妙な花色です。

丸弁平咲きのバラ

段落のライン小

近年は返り咲き性の品種が増えている

フォーチュンズダブルイエロー (Fortune’s Double Yellow) → サイト内ページ

早咲き品種でとても花つきがよく、全体にバランスよく開花する見応えのあるバラです。つる性の樹形は300cm以上にもなる大型の品種です。

大型のつるバラ

段落のライン小

タモラ (Tamora) → サイト内ページ

アプリコット色とオレンジ色との微妙な花色で、ハーブ植物のアニスに似た芳香があります。シュラブ系統のイングリッシュローズで四季咲き性です。

タモラはイングリッシュローズです

段落のライン小

ガブリエルノエル (Gabriel Noyelle) → サイト内ページ

オールドローズ品種群の一つ、モス系統の珍しいバラです。つる性樹形で伸長は約180cmで、一季咲きです。花形は縦長で高芯咲きになります。

モス系統の貴重な品種です

段落のライン小

マダムドゥスタール (Madame de Stael) → サイト内ページ

花色が変わりやすく開花が進むと共に、濃いピンク色~サーモンピンク色、杏色へ変化します。半直立性で、樹高が100cm程のコンパクトな樹形にまとまります。

オレンジ色のバラ