ガブリエル ノエル-Gabriel Noyelle は、オールドローズ品種群の一つ、モス系統のバラです。珍しい品種なので、園芸店で同系統の苗にお目にかかることは少ないですね。それほど貴重な品種といえます。

ガブリエルノエルはモス系統

クリーム色にローズピンクがミックスした中輪バラ

スポンサードリンク
  • 数輪の房咲きになり、花つき花もちがよい。
  • ルーズカップ咲きから平咲きに変わる
  • つる樹形で、枝が堅くしっかりしているので壁面やフェンスなどの緩やかな誘引に適する。
  • 耐病性は、うどんこ病、黒星病ともに普通。1週間~10日に1回以上の定期的な薬剤散布は欠かせません。

※ バラの手入れや病害虫の防除⇒トップページ「バラの園芸・作業」をクリックしてください。

一季咲きです

ガブリエルノエルはつる性です

樹高が170cm程

シュラブ樹形です

ガブリエルノエルは黒星病に強い

縦長の花弁で高芯に咲く

作出国:フランス
作出年:1933年
作出者:Paul Buatois
系統:[M] モス
交配:Salet × Souvenir de Madame Krenger
咲き方:一季咲き
花形:半剣弁高芯咲き
花径:中輪(8cm・花弁数17~30枚)
香り:微香
樹形:つる性
樹高:180cm
撮影:野津田バラ園 2017年5月

葉は明緑色で葉脈が深い

バラ園の風景:早春の野津田バラ園

野津田バラ園の風景

園芸メモ・バラの栽培用語:元肥(もとひ)⇒タネまきや植えつける前に、用土に混ぜ込んでおく肥料のこと。植物の生育期間を通して効果が持続するよう、遅効性の堆肥などの有機質肥料や、緩効性の化成肥料を用います。

スポンサードリンク