メアリーローズ 明るいローズピンクのカップ咲き-イパネマおやじ

メアリーローズ(Mary Rose)は、明るいローズピンク色の大輪サイズで、カップ咲きのイングリッシュローズです。自立して樹高160cm程になりますが、半つる性の小形のつるバラとしてアーチなどに誘引してもよいです。5輪程の房咲きになり、花もちがよく長く楽しませてくれます。

メアリーローズはイングリッシュローズです

分枝が活発で大株に生長するバラ

  • 数輪~5輪程のの房咲きになり、花つき花もちがよいバラ。
  • D., Austin 作出のイングリッシュローズです。
  • ダマスク系の甘い芳香も魅力の一つです。
  • シュラブ樹形で自立するが、半つる性バラとしてアーチやコンパクトな壁面へ誘引してもよい。
  • 耐病海性は、うどんこ病、黒星病ともに強い。(病気に強い品種でも月1~2回の薬剤散布をすることで、より順調に生育します)    

段落のライン画像

※ バラの手入れや病害虫の防除⇒トップページ「バラの園芸・作業」をクリックしてください。

メアリーローズはオースチン作出のバラ

メアリーローズは大輪咲きです

樹高は150cm程です

メアリーローズは四季咲きです

鋭いいトゲは多いが枝がしなやかで誘引しやすい

  • 作出国:イギリス
  • 作出年:1983年
  • 作出者:David Austin
  • 系統:[S] シュラブ
  • 交配:Wife of Bath × The Miller
  • 咲き方:四季咲き
  • 花形:カップ咲き
  • 花径:大輪(花径10cm・花弁数26~40枚)
  • 香り:中香(ダマスク系)
  • 樹形:シュラブ
  • 樹高:150cm
  • 撮影:花菜ガーデン 2019年5月

デビッド・オースチン作出のイングリッシュローズです

春のバラ園の風景:

花菜ガーデンの風景

段落のライン画像