プリンセス マイケル オブ ケント Princess Michael of Kent は、フロリバンダ系統にしてはシュートが真っ直ぐに伸長して、花首も長い。明るい黄色の大輪サイズで、弁端が軽く反り返る様子がとても可愛らしいバラです。

プリンセスマイケルオブケントは四季咲き

まとまりのよい樹形で鉢栽培にも適する

スポンサードリンク
  • 数輪の房咲きになり、花つき花もちは普通。
  • シュートの発生が活発で多くのツボミをつける。
  • 枝が込み合いがちの場合、枝を整理して風通しと日当たりをよくしてやります。
  • 春から秋までのシーズンを通して咲き続けるので、長期間にわたり観賞できます。
  • 耐病性は、うどんこ病、黒星病ともに普通。春から秋の生育期には、1週間~10日に1回以上の定期的な薬剤散布は必要です。

※ バラの手入れや病害虫の防除⇒トップページ「バラの園芸・作業」をクリックしてください。

プリンセスマイケルオブケントはフロリバンダ系統

プリンセスマイケルオブケントは半剣弁高芯咲き

プリンセスマイケルオブケントは樹高130cm

プリンセスマイケルオブケントは黄色のバラ

プリンセスマイケルオブケントは半横張り性

多すぎるツボミは摘みとります

  • 作出国:イギリス
  • 作出年:1977年に、Harkness が作出
  • 作出者:1981年に、Harkness & Co. Ltd. が発表
  • 系統:[F] フロリバンダ
  • 交配:Manx Queen × Alexander
  • 咲き方:四季咲き
  • 花形:半剣弁高芯咲き
  • 花径:大輪(10cm・花弁数26~40枚)
  • 香り:微香
  • 樹形:半横張り性
  • 樹高:90cm
  • 撮影:生田緑地ばら苑 2018年5月

濃い緑色の葉は照り葉でよく茂る

バラ園の風景:春の生田緑地ばら苑

生田緑地ばら苑の風景

園芸メモ:球根の種類→根茎(こんけい)⇒地中にある茎のこと。地中で横に伸びる地下茎が肥大して、茎部の貯蔵器官になったもの。{ハズ、カンナ、耐寒性(温帯)スイレンなど}

スポンサードリンク