イエローシンプリシティ バラ-コンパクトな樹形で育てやすい-イパネマおやじ

イエローシンプリシティ(Yellow Simplisity)は、明るい黄色の中輪サイズで、半剣弁高芯咲きです。流通している量は少なくて、詳細な栽培データが少ないのですが撮影場所では元気に育っていたので紹介します。

イエローシンプリシティは黄色バラ

弁端は丸みを帯びて軽く波打つ

  • 数輪の房咲きになり、花つき花もちは普通。
  • 春の花後もポツポツと返り咲く。
  • 耐病性は、うどんこ病、黒星病ともに普通。

段落のライン大

※ バラの手入れや病害虫の防除⇒トップページ「バラの園芸・作業」をクリックしてください。

フロリバンダ系統です

イエローシンプリシティは四季咲きです

イエローシンプリシティは中輪バラ

トゲが少なくコンパクトな樹形で育てやすい

  • 作出国:アメリカ
  • 作出年:1998年
  • 作出者:Dr. Keith W. Zary
  • 系統:[F] フロリバンダ
  • 交配:Unnamed Seeddling × Unnamed Seedling
  • 咲き方:四季咲き
  • 花形:半剣弁高芯咲き
  • 花径:中輪(9cm・花弁数12~16cm)
  • 香り:微香
  • 樹形:半横張り性
  • 樹高:120cm
  • 撮影:相模原北公園 2019年5月

半横張り性の樹形だがあまり広がらない

バラ園の風景:

京成バラ園の風景

段落のライン大