カール プロベルガー Karl Ploberger は、花色は柔らかい黄色の丸弁ロゼット咲きです。黄緑色の葉は光沢のある照り葉で、花色とのコントラストに癒やされます。

カールプロベルガーはシュラブ系統です

耐病性に優れ特に黒星病に強い

スポンサードリンク
  • 1~3輪の房咲きになり、花もちがよい。
  • シュートの発生が少ないので、古い枝を大切に扱いましょう。
  • 耐寒性に優れて、東北地方以北でも栽培が可能な品種。
  • 冷涼な環境を好むので、関西以西では夏期の生長が停止することもある。
  • 2008年ADR、2008年JRC銅賞を受賞。
  • 耐病性は、うどんこ病、黒星病ともに強い。病気に強い品種でも、月間1回程度の薬剤散布をして予防対策をすることで、より順調な生長が期待できます。

※ バラの手入れや病害虫の防除⇒トップページ「バラの園芸・作業」をクリックしてください。

カールプロベルガーはロゼット咲きになる

カールプロベルガーは直立性

カールプロベルガーは樹高150cm程

カールプロベルガーは大輪サイズ

耐寒性が強く冷涼な環境に適する

  • 作出国:ドイツ
  • 作出年:1998年に、Tim Hermann Kordes が作出
  • 作出者:2008年に、W. Kordes ‘Sohne(Retail) が発表
  • 系統:[S] シュラブ
  • 交配:Kupferkönigin × 実生
  • 咲き方:四季咲き
  • 花形:丸弁ロゼット咲き
  • 花径:大輪(9cm・花弁数41枚+)
  • 香り:微香
  • 樹形:直立性
  • 樹高:150cm
  • 撮影:花菜ガーデン 2018年5月

丸弁のロゼット咲きで花弁数が多い

バラ園の風景:春の横浜イングリッシュガーデン & 春の草花

春の横浜イングリッシュガーデン

里山ガーデンの風景

園芸用語:厚まき(あつまき)⇒タネを密になるよう数多めに蒔くこと。発芽率の低い植物の場合、厚まきする例があります。

スポンサードリンク