バンブリッジ Banbridge は、花色が濃いローズピンク色で弁裏と弁芯が白かクリーム色の復色です。特に、濃黄色のしべがボリュームがあり、花色とのコントラストが美しい品種です。

バンブリッジはフロリバンダ系統

樹勢もあり丈夫な株立ちになる

スポンサードリンク
  • 数輪の房咲きになり、花つきがよく晩秋まで咲き続けます。
  • 花名は、作出者の出身地である、北アイルランドの都市名に因んで名付けられたそうです。(同名の橋も存在します)
  • 耐病性は、うどんこ病、黒星病ともに普通。春から秋の生育期には、月間3~4回の薬剤散布は必要。
  • 枝変わりの「つるバンブリッジ」があります。つる性以外の特徴、花形、花色などはほぼ同じ。

※ バラの手入れや病害虫の防除⇒トップページ「バラの園芸・作業」をクリックしてください。

バンブリッジは四季咲きです

バンブリッジは半横張り樹形です

バンブリッジは中輪サイズの丸弁平咲き

樹高は低目で半横張りの樹形

  • 作出国:ニュージーランド
  • 作出年:1967年
  • 作出者:Samuel Darragh McGredy Ⅵ
  • 系統:[F] フロリバンダ
  • 交配:Samuel Darragh Madame Léon Cuny × Clare Grammerstorf
  • 咲き方:四季咲き
  • 花形:丸弁平咲き
  • 花径:中輪(8cm・花弁数17~25枚)
  • 香り:微香
  • 樹形:半横張り性
  • 樹高:90cm
  • 撮影:生田緑地ばら苑 2018年5月

葉は厚みがあり明緑色の照り葉

バラ園の風景:横浜イングリッシュガーデン & 里山ガーデン

横浜イングリッシュガーデンの風景

里山ガーデンの風景 春

園芸メモ:揚げ接ぎ(あげつぎ)⇒掘り上げた台木か、鉢に植えられた台木を使う接ぎ木の方法。台木を作業しやすい位置に動かせるので、楽な姿勢で作業ができる利点がある。

スポンサードリンク