ローザベルモント Rosa Belmonte は、とても樹勢が強く丈夫な性質です。耐病性に優れた品種を多く作出する、イギリスの名門育種会社Harkness Roses が発表したバラです。

ローザベルモントはフロリバンダ系統

とても樹勢が強く育てやすい品種

スポンサードリンク
  • 数輪の房咲きになり、花つき花もちがよい。
  • 開花とともに淡いピンク色の、花芯付近が全体より色濃くなる。
  • 初夏から夏場にかけて、多くの葉を茂らせる。
  • 樹高100cm、幅70cmの低木に納まり鉢栽培にも向いています。
  • 耐病性は、うどんこ病、黒星病ともに強い。病気に強い品種でも、月間2~3回程度の薬剤散布をして予防対策をすることで、より順調な生長が促進されます。

※ バラの手入れや病害虫の防除⇒トップページ「バラの園芸・作業」をクリックしてください。

ローザベルモントは淡いピンク色の花色

ローザベルモントは四季咲き

ローザベルモントは樹高が100cm程

ローザベルモントは半剣弁高芯咲き

ローザベルモントは中輪サイズの花形

シトラス系のフルーツ香がある

  • 作出国:イギリス
  • 作出年:2007年
  • 作出者:Robert Harkness (Harkness Roses)
  • 系統:[F] フロリバンダ
  • 交配:Dr. Darley × Pretty Lady
  • 咲き方:四季咲き
  • 花形:半剣弁高芯咲き
  • 花径:大輪(9 cm・花弁数17~30枚)
  • 香り:中香(シトラス系のフルーツ香)
  • 樹形:半横張り性
  • 樹高:100cm
  • 撮影:生田緑地ばら苑 2018年5月

葉は濃緑色の照り葉

初夏の風景:横浜イングリッシュガーデン & 里山ガーデン

横浜イングリッシュガーデンの風景

里山ガーデンの風景

園芸メモ:赤玉土(あかだまつち)⇒関東ローム層下層部の有機質を含まない、赤土(火山灰土)からみじんを取り除き、粒子の大きさにより大粒・中粒・小粒に区別したもの。園芸用の万能用土として広く流通している。

スポンサードリンク