イングリッシュローズ・香り高い品種 バラ-イパネマおやじ

  • イングリッシュローズの生みの親である、イギリスの育苗家デビッド・オースチンが1961年に、最初の品種「コンスタンス。スプライ」を発表しました。このDavid Austin Roses 社が種苗・作出したバラを「イングリッシュローズ」と総称しています。
  • モダン・ローズのカテゴリーに入り、オールド・ローズの繊細さを受け継ぎ、モダン・ローズの多彩な花色と四季咲き性をもった品種といわれます。系統を表す場合の表示に [ER] と表記されていますが、これは便宜上のためでイングリッシュ・ローズという系統はありません。
  • モダン・ローズの主な系統は、ハイブリッドティー系統、フロリバンダ系統、クライミング系統、シュラブ系統に分類されています。イングリッシュローズは、系統でいえば「シュラブ系統」に属します。
  • その中でも、魅力の一つが「香り」です。魅力的なオールド・ローズの香りだけでなく、ティーローズ、ムスクローズ、ミルラ、フルーツ系の香りなど多くの種類の香りを楽しむことができます。ここ紹介するのは、デビッド・オースチン社が奨めている「香りの種類」を参考にしました。通常はランキング1位~となるのでしょうが、作出元としては、いずれも優劣つけがたい・・ということなのでしょう。順位については、アトランダムに掲載しています。

段落の仕切りライン

セプタードアイルはイングリッシュローズです

  • 品種名:セプタード アイル Scepter’d Isle
  • 作出年:1989年
  • 作出者:David Austin (1997年に、David Austin Roses Limited が発表)
  • 特徴:王立バラ協会のヘンリー・エドランド賞を受賞 パワフルなミルラ香
  • 詳細はサイト内ページ

バラの画像の区切り

レディエマハミルトンは芳香種です

  • 品種名:レディエマハミルトン Lady Emma Hamilton
  • 作出年:2005年(2007年に発表)
  • 作出者:David Austin
  • 特徴:強いフルーツ香
  • 詳細はサイト内ページ

バラの画像 イングリッシュローズ

ガートルードジェキルはイングリッシュローズです

  • 品種名:ガートルード ジェキル Gertrude Jekyll
  • 作出年:1986年
  • 作出者:David Austin
  • 特徴:強いオールド・ローズ香
  • 詳細はサイト内ページ

バラの画像 イングリッシュローズ

エグランタインはイングリッシュローズです

  • 品種名:エグランタイン Eglantyne
  • 作出年:1994年
  • 作出者:David Austin
  • 特徴:甘いオールド・ローズ香
  • 詳細はサイト内ページ

バラの画像 イングリッシュローズ

ムンステッドウッドはイングリッシュローズです

  • 品種名:ムンステッド ウッド Munstead Wood
  • 作出年:2007年
  • 作出者:David Austin
  • 特徴:強いオールド・ローズ香にフルーティな香りがのる
  • 詳細はサイト内ページ

バラの画像 イングリッシュローズ

グラハムトーマスはイングリッシュローズです

  • 品種名:グラハム トーマス Graham Thomas
  • 作出年:1983年
  • 作出者:David Austin
  • 特徴:フレッシュなティー香
  • 詳細はサイト内ページ

バラの画像 イングリッシュローズ

プリンセスオブアレキサンドラオブケントはイングリッシュローズ

  • 品種名:プリンセス アレキサンドラ オブ ケント Princess Alexandra of Kent
  • 作出年:2007年
  • 作出者:David Austin
  • 特徴:豊かなティー香
  • 詳細はサイト内ページ

バラの画像 イングリッシュローズ

ジュビリーセレブレーションはイングリッシュローズです

  • 品種名:ジュビリー セレブレーション Jubilee Celebration
  • 作出年:2002年
  • 作出者:David Austin
  • 特徴:繊細なフルーツ系の香りにレモンとラズベリーが混ざる
  • 主催はサイト内ページ

段落の仕切りライン