ザビエル デ フライシネッテ Xavier de Fraissinette は、サーモンピンク色のロゼット咲きの花芯周りは琥珀色に近くなります。更に開花が進むと、ロゼット咲きの中にボタン・アイが現れます。(花名スペルは英文表記)

ザビエルデフライシネッテはギョーローズ

ロゼット咲きにボタン・アイが現れる

スポンサードリンク
  • 数輪の房咲きになり、花つき花もちがとてもよい。
  • 花もちがよく、花枝が長く真っ直ぐなので切り花にも適している。
  • 種苗の名門ギョー社が、”ニューオールドローズ”と銘打ち展開する「ジェネロサ・シリーズ」の品種群。
  • 強健性があり、シュラブ樹形の株は自立させてもよいが、小型のつるバラとしてフェンスやアーチ仕立てにすると見映えがします。
  • 耐病性は、うどんこ病、黒星病ともに普通。春から秋の生育期には、1週間~10日に1回以上の定期的な薬剤散布は欠かせません。

※ バラの手入れや病害虫の防除⇒トップページ「バラの園芸・作業」をクリックしてください。

ザビエルデフライシネッテはサーモンピンク色

ロゼット咲きの中輪サイズ

繰り返し咲きます

ギョーローズです

アプリコット色の上品な雰囲気

シュートの発生が活発で強健

  • 作出国:フランス
  • 作出年:2008年に、Dominique Massad が作出
  • 作出者:2009年に、Guillot / Roseraies Pierre Guillot が発表
  • 系統:[S] シュラブ(ギョーローズ・Générosa シリーズ)
  • 交配:
  • 咲き方:繰り返し咲き
  • 花形:ロゼット咲き
  • 花径:中輪(8cm・花弁数41枚+)
  • 香り:中香
  • 樹形:シュラブ(剪定して木立ちとして自立、小型のアーチやフェンスに誘引)
  • 樹高:130cm
  • 撮影:花菜ガーデン 2018年5月

黄緑色の照り葉と花色のコントラストが美しい

バラとハーブの風景:春の横浜イングリッシュガーデン & 長久保公園のハーブ

春の横浜イングリッシュガーデン

長久保公園のラベンダーセージ

園芸メモ:石づけ(いしづけ)⇒樹木や草を自然の岩や石に植えつけて、岩肌や岩山の風景を表現した盆栽の一つで、石づけ盆栽ともいう。

スポンサードリンク