ラ フランス La France は、HT種の第一号品種として有名です。このバラが誕生して以降を「モダン・ローズ」、誕生以前を「オールド・ローズ」として区別しています。但し、学術的な根拠に基づくものではなく、あくまで便宜上の区分とされています。しかし、バラの歴史の中に輝く重要な品種であることは確かですね。

ラフランスはハイブリッドティー系統です

整った花姿で花つきもよい

スポンサードリンク
  • 1~5輪の房咲きになり、花つきがよい。
  • 弁質は繊細で、雨が続くなど湿度が高いと開花しきれない場合がある。
  • 整った花形だが、開花している時間は短い。
  • 枝は細めだが、シュートの発生は活発です。
  • 耐病性は、うどんこ病には弱い。黒星病にも要注意です。春から秋の生育期には、1週間~10日に1回以上の定期的な薬剤散布は欠かせません

※ バラの手入れや病害虫の防除⇒トップページ「バラの園芸・作業」をクリックしてください。

ラフランスは四季咲きです

ラフランスは現代バラの親品種

ラフランスは樹高が130cm

ラフランスは半直立性の樹形

ラフランスは淡いピンク色

ラフランスは大輪サイズ

花首がしなやかで少しうつむき加減に咲く

  • 作出国:フランス
  • 作出年:1867年
  • 作出者:Jean-Baptiste André (fils) Guillot
  • 系統:[HT] ハイブリッドティー
  • 交配:諸説あるので割愛します
  • 咲き方:四季咲き
  • 花形:半剣弁高芯咲き
  • 花径:大輪(10cm・花弁数26~40枚)
  • 香り:強香(ダマスク香)
  • 樹形:半直立性
  • 樹高:130cm
  • 撮影:花菜ガーデン 2018年5月

素晴らしいダマスク系の芳香がある

バラとハーブの風景:横浜イングリッシュガーデン & 松田山ハーブガーデン

横浜イングリッシュガーデンの風景

松田山ハーブガーデンの風景

  • 園芸メモ:移植(いしょく)⇒草花や野菜の苗などを、今植えてある場所から別の場所に植え替えること。
  • 鉢上げ⇒育苗箱からポリポットなどに移すこと。
  • 鉢替え⇒今植えてある鉢から別の鉢へ移すこと。
スポンサードリンク