サントゥール ロワイヤル Senteur Royale は、ドイツの種苗会社である、Tantau 社のHans Jürgen Evers が2002年に作出したハイブリッドティー系統のバラです。11cmの巨大輪ともいえる大輪咲きで、香りが強いという、貴重な品種です。

サントゥール サントゥールロワイヤルはハイブリッドティー系統

深みのあるヴァイオレット ピンク色

スポンサードリンク
  • 直立性の1輪咲きで枝が真っ直ぐに伸長する
  • 耐暑性は少し劣るので、涼しい気候を好みます。寒冷地や標高のある場所が適するようです。
  • 植えつけの年は、夏場になると生長がとまるが、涼しい秋になると活発にツボミを伸ばして花をつける。
  • 耐病性は、うどんこ病には普通。黒星病にはやや弱い→バイレトン(成分・トリアジメホン)乳剤を3000倍希釈液を、月間3~4回散布します。

※ バラの手入れや病害虫の防除⇒トップページ「バラの園芸・作業」をクリックしてください。

サントゥールロワイヤルはローズ色のバラ

花径11cm近い大輪サイズ

樹高は150cm以上になる

サントゥールロワイヤルはロゼット咲き

花名の由来は高貴な香り・・という芳香種

  • 作出国:ドイツ
  • 作出年:2002年に、Hans Jürge Evers (Tantau Roses)
  • 作出者:2004年に、Apuldram Apuldram が発表
  • 系統:[HT] ハイブリッドティー
  • 交配:
  • 咲き方:四季咲き
  • 花形:ロゼット咲き
  • 花径:大輪(11cm・17~24枚)
  • 香り:強香
  • 樹形:直立性
  • 樹高:150cm
  • 撮影:2018年5月

高冷地むきの大輪種

バラ園の風景:花菜ガーデンにて 2018年春

2018春の花菜ガーデン

  • 園芸メモ→
  • 川崎市にある「生田緑地ばら苑」の2018年春の開苑がスタートします。
  • 5月10日(木)~5月27日(日)の期間限定。期間を過ぎると、クローズされ入苑はできません。
  • 開苑時間:平日・10:00~16:30 土日祝・9:00~16:30
  • アクセスの詳細は、当サイトか主催者ページ
スポンサードリンク