アンゲリカ Angelika は、アプリコットがかったオレンジ色の中輪サイズです。カップ咲きから、開花が進むとロゼット咲き気味になります。

アンゲリカはフロリバンダ系統

樹勢は強いが予防のため薬剤散布は必要

スポンサードリンク
  • 数輪の房咲きになり、花つきがよい品種。
  • 春は早咲きで、花後の夏・秋も繰り返し咲き、花つきがよい。
  • 花もちは、やや劣る中程度で雨などにより傷みやすい。
  • 耐病性は、うどんこ病、黒星病ともに普通。月間3~4回の定期的な薬剤散布は必要です。

※ バラの手入れや病害虫の防除⇒トップページ「バラの園芸・作業」をクリックしてください。

アンゲリカは樹高が100cm程です

アンゲリカは半直立性

アンゲリカはオレンジ色のバラ

アンゲリカは強いフルーツ香がある

まとまりのよい樹形で鉢栽培に適する

作出国:日本
作出年:2010年
作出者:吉池貞蔵 氏
系統:[F] フロリバンダ
交配:English Heritage の実生 × Amber Queen
咲き方:四季咲き
花形:カップ咲き
花径:中輪(8cm・花弁数41枚+)
香り:強香(フルーツ香)
樹形:半直立性
樹高:100cm
撮影:花菜ガーデン 2018年5月

強いフルーツ系の芳香がある

バラ園の風景:

2018年春の花菜ガーデン

春の京成バラ園の風景

バラの栽培メモ:ベストなバラの植えつけ適期は、10~3月です。日当たりと風通しのよい場所を好みます。日照時間は、最低3~4時間は必要で、日の当たる時間が、花つきと花色に影響します。

スポンサードリンク