ウィンダミア Windermere は、カップ咲きからロゼット咲きへと変化します。7cm程の花は、大房になり花もちがよいバラです。シュートの発生が活発で、次々と花を咲かせる四季咲き品種です。

イングリッシュローズのウィンダミア

樹勢が強く株立ちは丈夫で太い枝になる

スポンサードリンク
  • 花名は、イギリス北部の美しい湖水地方にある、最も大きなウィンダミア湖に因んで付けられました。
  • やや遅咲きだが、花つきはよい品種です。(花つきをよくするために、肥料は通常より多めに施す)
  • シュラブ系だがHT種と同じような樹形で、手入れも同様の対応でよいでしょう。
  • フックラとしたツボミは、多数の花びらが詰まったカップ咲きになります。
  • 枝は太くなるが、トゲは少ない品種です。
  • 耐病性は、うどんこ病、黒星病ともに強い強健な品種。(月間1回程度の薬剤散布をしておくことで、より順調に育ちます)

※ バラの手入れや病害虫の対策⇒詳細はトップページの「バラの園芸・作業」をクリックしてください。

ウィンダミアはイングリッシュローズです

ブーケのような多くの房になって咲きますね

カップ咲きから少しずつロゼット咲きに変化します

シュートをたくさん発生させて多くの花を咲かせます

花びはら約80枚程度

アイボリー色から純白に近い花色です。美しいですね!葉は明るい緑色でキレイに調和をしています

円形のツボミです。開くとカップ咲きからロゼット咲きへ

120cm前後のコンパクトな樹形で、ベランダの鉢植えにもピッタリです

  • 品種名:ウィンダミア Windermere
  • 作出国:イギリス
  • 作出年:2006年
  • 作出者:David Austin
  • 系統:[S] シュラブ(イングリッシュローズ)
  • 交配親:実生 × 実生
  • 咲き方:四季咲き
  • 花形:カップ咲き~ロゼット咲き
  • 花径:中輪(8cm・花弁数80~85枚)
  • 香り:中香(フルーツ香にシトラス系のミックス)
  • 樹形:横張り性
  • 樹高:120cm
  • 撮影:横浜イングリッシュガーデン 2016年5月

スッキリしたコンパクトな株姿は温かい地域でもくずれにくい

バラ園の風景:都電荒川線沿線のバラ

都電荒川線・沿線のバラ

園芸メモ・バラの栽培用語:骨粉(こっぷん)⇒有機肥料の一つ。動物の骨を加熱・加圧処理して、油分と膠質を除いて粉砕したもの。

スポンサードリンク