メイド マリオン-Maid Marion は、明るい桃色のロゼット咲きで、仄かなダマスク香にうっすらとミルラ香も混じります。おなじみのイギリスのデビッド・オースチン作出のイングリッシュローズです。

メイド マリオンはシュラブ系統のバラです

丸いカップ咲きからロゼット咲きへと変わります

  • 数輪の房咲きになり、花つきがよい。秋の花つきは少し悪くなります。
  • 強い枝には大房になって花をつけます。
  • やや遅咲き。花姿は二番花まではまとまります。
  • 植え付けから数年を経て、株が充実すると秋にも開花するようになります。
  • 耐病性は、うどんこ病、黒星病ともに強い。病気に強い品種も月間1回程度の薬剤散布をすれば、より順調な生育が期待できる。

スポンサードリンク

桃色のロゼット咲き

数あるイングリッシュローズの中でも美しい花容の品種です

やさしいダマスク香があります

くすみの無い透けるような明るさですね

花つきがよい品種

開花した外側の花弁だけ開いた状態。カップ&ソーサーになります

耐病性があり強健なバラ

秋に美しい花を咲かせるには夏剪定を浅めにして施肥をしない

  • 品種名:メイド マリオン Maid Marion
  • 作出国:イギリス
  • 作出年:2010年
  • 作出者:David  C.H.  Austin
  • 系統:[S] シュラブ
  • 交配親:
  • 咲き方:繰り返し咲き
  • 花形:ロゼット咲き
  • 花径:中輪(8cm・花弁数・17~25枚)
  • 香り:中香(ダマスク香)
  • 樹形:横張り性
  • 樹高:110cm
  • 撮影:花菜ガーデン 2017年5月

※ バラの手入れや病害虫の対策⇒詳細はトップページの「バラの園芸・作業」をクリックしてください。

樹形は直立気味だがブッシュ状でコンパクトになる

バラ園の風景:春の花菜ガーデン

春の花菜ガーデンの風景