クリムソングローリー-Crimson Gloryの、出現により初めてビロード調の深紅色バラが誕生しました。この後多くの名花といわれる赤バラの、交配親として貢献した品種です。数多くの名花を作出しているフランスのメイアン家と並んで、20世紀のバラ育種をリードしてきた、ドイツの名門育種家コルデス家が作出した、ハイブリッドティー系統の赤色バラです。

バラ苗・ハーブ種・園芸用品の通販

クリムソングローリーは剣弁高芯咲きです

光沢のある赤色で剣弁高芯咲きのバラ

  • 花びらの質感がビロードのようで、花弁数が多いのでボリュームがあり豪華なバラです。
  • 花首が細めで、うつむき気味に咲きます。
  • 仕立てとしてはスタンダードな樹形にしてみたいバラ。
  • 耐病性は、うどんこ病には弱い、黒星病には普通。環境条件が厳しくても耐えるが、順調な生育をさせるためには月間3~4回の定期散布をしましょう。
  • うどんこ病の防除:土壌や落葉の中で繁殖するカビです。そのカビは、ウドンコカビ科の子嚢菌(しのうきん)と呼ばれ、もともと森林の土の中や落ち葉などに生息しています。このカビは、森の土の中や落葉などに生息し、目に見えない大きさなので、風に飛ばされて植物に付着して増殖します。高い気温と低い湿度の環境を好み、生きた植物の葉の養分を吸って繁殖します。つまり、梅雨の時期を除く春夏や初秋の季節は、うどんこ病の原因となるカビが繁殖しやすいのです。

    手入れ方法や病害虫の防除対策⇒詳細はトップページの「バラの園芸・作業」をクリックしてください。

スポンサードリンク

ビロード調の花弁を持っている初めての深紅色バラ

夏にはブルーイングしやすく秋には抱え咲きになります

数多くの現代バラの交配親となった品種です

育てやすいのでバラ栽培を始めたい方に最適の品種です

1輪咲きのハイブリッドティー系統です

交配親として多くの名花を生み出している品種

  • 作出国:ドイツ
  • 作出年:1935年
  • 作出者:Wilhelm JH Kordes Ⅱ
  • 系統:[HT] ハイブリッド・ティ
  • 交配親:Cathrine Kordesの実生 × W.E. Chapllin
  • 咲き方:四季咲き
  • 花形:半剣弁盃状咲き
  • 花径:大輪(花弁数・17~25枚)
  • 香り:強香(ダマスク香)
  • 樹形:横張り性
  • 樹高:100cm
  • 撮影:生田緑地ばら苑 2014年6月

ダマスクの濃厚な香りがあるバラ

バラ園の風景:

大船植物園のつるバラが咲く風景

スポンサードリンク