アイスバーグ-Iceberg は、秋咲きが特に花つきがよく、長い期間を楽しめます。高温期になると、全体に少しピンク色を帯びてきます。

アイスバーグはフロリバンダ系統のバラ

春から秋のシーズンを通して花つきがよい

  • 数輪から大房になって、花つきがとてもよい。
  • 枝は細くしなやかで、うつむき気味に広がるように伸びる。
  • 若株の時期はベーサル・シュートが発生するが古株になると、発生しなくなる。古株になっても長く花を咲かせ続ける。
  • トゲが少なく、強健で日陰でも丈夫に育つ。葉は照り葉で明るい緑色。
  • 1955年ADR受賞、1958年 NRS金賞受賞、1983年世界バラ会連合殿堂入り。
  • 耐病性は、うどんこ病・黒星病ともに普通。
  • 薬剤散布⇒月間3~4回以上の定期的な薬剤散布は必要。強健種でも月間1回程度の薬剤散布をしておく方がより順調な生育が期待できる。

スポンサードリンク

今日のバラ タイトル

アイスバーグは数輪の大房になる

とても花つきがよく春の花後から晩秋まで咲きます

アイスバーグは少し花枝が細くうつむいて咲きます

古枝に何年も続けて花をつけます。株が古くなるとベーサル・シュートの発生がほとんど無くなる

アイスバーグは四季咲き性で中輪サイズの花径

弁質が優れていて雨による傷みも少なく花もちがよいです

花形は丸弁平咲き

うどんこ病、黒星病に対しては強いほうの品種

アイスバーグにはティー系の芳香がある

房咲きになり株全体を覆うほどの多くの花を咲かせる

  • 作出国:ドイツ
  • 作出年:1958年
  • 作出者:Reimer Kordes
  • 系統:[F] フロリバンダ
  • 交配親:Robin Hood × Virgo
  • 咲き方:四季咲き
  • 花形:八重平咲き
  • 花径:中輪(7cm・花弁数・17~25枚)
  • 香り:中香(ティーローズ香)
  • 樹形:横張り性
  • 樹高:120cm
  • 撮影:相模北公園・京成バラ園・2014年10月、生田緑地ばら苑・神代植物公園・2015年5月

※ バラの手入れや病害虫の防除⇒トップページ「バラの園芸・作業」をクリックしてください。

花弁に厚みがあり雨などによる傷みが少ない

バラ園の風景:

バラ園の風景