• モダンタイムス-Modern Tines は、数あるバラの品種の中でも珍しい品種で、その特長は花弁の地色に「絞り」という色柄が入ることです。
  • 整った剣弁高芯咲きのハイブリッドティー系統です。香りは殆んどありませんが、微かに程度の香りがします。小ぶりながら数輪の房咲きになり、花つきはよい品種です。

モダン タイムスは見事な白い絞りが入っている

ローズ色のベースに白の鮮やかな絞りが入る

  • 花つきがよく、多くの花を咲かせるバラ。
  • 白色の絞りは安定していて、美しい花色で咲きます。
  • 枝が細く葉が少ないので、全体的にまばらな印象を受けるが、古枝や細い枝にも、よく花をつける。
  • トゲが少ないので切り花にも適するバラ。
  • 大きく育てるためには、保熱効果のある良質な土壌を選び、常に観察して肥料を施すことが必要です。
  • 耐病性は、うどんこ病に弱い。黒星病には普通。どちらも定期的な薬剤散布は必要。
  • うどんこ病の防除⇒発生しやすい状況
  • 5~6月、9~10月頃
  • 気温が18~25度
  • 空気が乾燥している
  • 窒素分の多い肥料を施し過ぎている
  • 株間や葉が密集している、風通しの悪い場所(ベランダなど)

スポンサードリンク

今日のバラ・タイトル

花枝が長く、ほとんどトゲはありません

個性的で離れた場所からでも目につきますネ

モダン タイムスは細い枝に似合わない大輪花を咲かせる

樹形は直立性で枝は細いのが特長です

樹形は直立性で花つきは全て1輪咲きですね

葉の色は明るめの緑色です

半直立性で樹勢は強いです

花首が長く扱いやすいので初心者の方にもお奨めです

真っ直ぐ伸びる樹高は約130cm程です

細い花首には不釣合いなほどの大輪花を咲かせる

  • 作出国:オランダ
  • 作出年:1986年
  • 作出者:Gysbert Verbeek
  • 系統:[HT] ハイブリッド・ティ
  • 交配親:Better Times の枝変わり
  • 咲き方:四季咲き
  • 花形:剣弁高芯咲き
  • 花径:中大輪(花弁数・17~25枚)
  • 香り:微香
  • 樹形:半直立性
  • 樹高:120cm前後
  • 撮影:横浜イングリッシュガーデン2014年10月・2016年5月

※ バラの手入れや病害虫の対策⇒詳細はトップページの「バラの園芸・作業」をクリックしてください。

突然に模様のない単色の花が咲く事もあるので、枝元から切り取りましょう

バラ園の風景:

京成バラ園の風景

スポンサードリンク