マリー アントワネット-Marie Antoinette は、フランス王ルイ16世の妃です。中世のフランス王族の優雅な生活と、王妃が好んだ離宮”プチ・トリアノン”をイメージした品種です。

マリー アントワネットはフロリバンダ系統

クラシカルで繊細なアイボリー色のバラ

  • 房咲きになり、一房に5~6輪の花をつけるバラ。
  • クラシカルな雰囲気のバラは、気品にあふれています。
  • マリー・アントワネットの、花名はマリア・テレジアの娘でありフランス王ルイ16世の后マリー・アントワネットの名を冠しているバラ。
  • 耐病性は、うどんこ病、黒星病ともに強い。月1回程度の薬剤散布をしておけば、より順調な生育が期待できます。
  • 病気や害虫が発生する原因は、土壌やそのバラのおかれている環境にあるので薬剤等の対処のみでなく、土壌の状態や環境のチェックも併せて行うことも大切です。
  • 病害虫の発生は、初期の段階で対処するほど効果的です。散布を行う場合、必ずマスク、ゴーグルを着用してから風向きを確認してから散布します。
  • 散布する量が過剰にならないように注意しましょう。そして、持続力と高めるために、希釈をする際に展着剤も併用すると効果がアップします。

スポンサードリンク

今日のバラ・タイトル

マリー アントワネット葉中輪サイズのカップ咲きです

マリー アントワネットの樹形は半直立性です

マリー アントワネットは数輪の房咲きになり花つきもよい

マリー アントワネットは耐病性があり育てやすい品種です

マリー アントワネットオールドローズの影響を残したバラです

マリー・アントワネットは強烈なスパイシー香がある

  • 作出国:ドイツ
  • 作出年:2003年
  • 作出者:Hans Jürgen Evers  (Tantau Roses 社)
  • 系統:[F] フロリバンダ
  • 交配親:
  • 咲き方:四季咲き
  • 花形:丸弁カップ咲き
  • 花径:中輪(9cm・花弁数26~40枚)
  • 香り:中香
  • 樹形:半横張り性
  • 樹高:150cm
  • 撮影:京成バラ園・2014年10月 谷津バラ園・2015年5月

※ バラの手入れや病害虫の対策⇒詳細はトップページの「バラの園芸・作業」をクリックしてください。

フランスの貴婦人のような雰囲気をイメージして作出された品種

バラ園の風景:

京成バラ園の風景