• ポンポネッラ-Pomponella は、コロリとした丸みのある可愛らしいバラです。欧米ではフロリバンダ系統ですが、国内では気候の関係で、クライミング・ローズとして扱うことが多いです。
  • 我家の小さな庭に植えていますが、つる性としてオベリスク仕立てにしています。スペースの少ない場所でも、手入れをして樹形をまとめると見ごたえのある花姿になります。

ポンポネッラは適温であれば繰り返し咲きます

濃桃色のディープカップ咲きのバラ

  • 1輪から数輪の房咲きになり、花つき花もちがよいバラ。
  • 生育は緩慢で、枝数は少ない。シュートに花をつけ、春の開花以後も繰り返し咲き続けます。
  • 低いフェンスやアーチ仕立てにも適するが、木立ち仕立てにして枝を真っ直ぐに伸ばしてもよい。
  • 葉は濃緑色の照り葉で、花色が引き立ちます。
  • シーズンを通じて繰り返し咲き、性質もよくアーチやトレリスなどに仕立てて楽しめます。
  • 耐病性は、うどんこ病、黒星病ともに非常に強い品種で、非常に病害に強い品種です。。
  • 病気に強い品種も月間1回程度の薬剤散布をすれば、より順調な生育が期待できる。

スポンサードリンク

今日のバラ・タイトル

ポンポネッラはシュートの更新が少なく古枝に花を咲かせる

ポンポネッラの花色は濃いピンク色です

ポンポネッラは小輪四季咲き品種です

ポンポネッラはフロリバンダ系統に分類されるが実勢はつるバラとして扱う

ポンポネッラの樹高は約200cmです

ポンポネッラは数輪の房咲きになる

ポンポネッラはリンゴのようなフルーティ香があるバラ

  • 作出国:ドイツ
  • 作出年:2005年
  • 作出者:W. Kordes & Sons
  • 系統:[F] フロリバンダ
  • 交配親:実生 × Angela
  • 咲き方:四季咲き
  • 花形:ディープカップ咲き
  • 花径:小輪(4cm・花弁数34枚+)
  • 香り:微香
  • 樹形:つる性
  • 樹高:200cm
  • 撮影:神代植物公園 2014年6月、2015年5月

※ バラの手入れや病害虫防除⇒詳細はトップページの「バラの園芸・作業」をチェックしてください。

シュートの更新が少なく古株に長年花を咲かせる

バラ園の風景:

京成バラ園の風景