春風

花弁の表がローズ色、裏が黄色のバラ

・春風は数輪の房咲きになることが多く、花つき花もちがよい。
・春風は開花時期が最も早いランブラー品種の一つです。
・花枝は短く、弓状に匍匐するように長く伸びるつるバラ。
・枝は細くてしなやかで、扱いやすく誘引がしやすいつるバラ。
・自然樹形では、大きなドーム状に生育します。
・樹勢がとても強く耐病性にも優れている。
・耐病性は、うどんこ病には普通。黒星病には強い。うどんこ病対策として薬剤の定期散布は必要です。

※ バラの手入れや病害虫防除⇒詳細はトップページの「バラの園芸・作業」をチェックしてください。

スポンサードリンク

春風

春風

春風

春風

春風はトゲが少なく扱いやすい大輪咲きのつるバラ

作出国:日本
作出年:1985年
作出者:鈴木省三
系統:[LCl] 大輪咲きクライミング・ローズ
交配親:Charleston × Rosa luciae(トゲなし個体)
咲き方:一季咲き
花形:丸弁抱え咲き
花径:中輪
香り:微香
樹形:つる性
樹高:450cm
撮影:神代植物公園 2015年5月

春風は数少ない早咲きのランブラー種

バラ園の風景:

バラ 夏の手入れ つるバラの誘引

スポンサードリンク