オーナードゥバルザック バラ

オーナドゥバルザック(Honore de Balzac)は、可愛らしい丸弁抱え咲きの花形で、花弁数が40枚以上になるボリューム感のある大輪種です。強健で、樹勢が強くうどんこ病に強いバラです。

ピンク色のバラです

淡いピンク色の弁端が薄っすらとローズ色に染まる

  • 単輪咲きで、花首が長いので切り花に向いている。
  • 花芯が堅く、シベを見せないコロッとした花弁。
  • サベルヌ国際コンクール1992年銀賞受賞。
  • 耐病性は、うどんこ病には強い、黒星病には普通。
  • 耐寒性は普通、耐暑性は強い。

段落のライン大

※ バラの手入れや病害虫の防除⇒トップページ「バラの園芸・作業」をクリックしてください。

ハイブリッドティー系統です

フランスで作出されたバラ

丸弁抱え咲きです

樹高は180cm程です

花名はフランスの文豪バルザックに因んで名付けられた

  • 作出国:フランス
  • 作出年:1992年
  • 作出者:Alain Meilland
  • 系統:[HT] ハイブリッドティー
  • 交配:実生⇒Marion Foster × Ave Maria 花粉⇒Lancome
  • 咲き方:四季咲き
  • 花形:丸弁抱え咲き
  • 花径:大輪(11cm・花弁数41~58枚)
  • 香り:中香(ダマスク系+ティー香)
  • 樹形:横張り性
  • 樹高:160cm
  • 撮影:相模原北公園 2018年9月

強健種でシュートの発生は旺盛

バラ園の風景:

生田緑地ばら苑の風景

段落のライン大