ファースト・キッス バラ

ピンクにアプリコットが少しとけこんだ花色

・ファースト・キッスは数輪の房咲きから、大輪に生長します。
・花つきがよく、雨などでも傷みにくいバラ。
・春の花枝は短めだが、晩夏を過ぎると長く伸びて半つる状になるが花をつける。
・枝は細くしなやか、小さめの葉と優しい花姿とのバランスが可愛らしいバラ。
・ファースト・キッスは暑さに弱く、夏に下葉が落ちやすいので要注意。
・ファースト・キッスの耐病性は、うどんこ病には強い。黒星病に弱い。
黒星病の防除⇒黒星病は、雨のあたる場所で発生しやすい。鉢植えなどは、雨のあたらない軒下や屋内などに置くか、雨が降るときは軒下などへ移動させましょう。4月~11月の間の、気温が20~25℃位の環境で多発します。一度発生すると完治するのに、大変な手間がかかるので、早期に発見して病葉を摘み取り、薬剤を散布します。
病害虫の防除対策⇒詳細はトップページの「バラの園芸・作業」をクリックしてください。

スポンサードリンク

ファースト・キッス バラ

ファースト・キッス バラ

ファースト・キッス バラ

シュラブ状に生育するがコンパクトにまとまる

作出国:イギリス
作出年:2012年
作出者:Colin  A. Pearce
系統:[F] フロリバンダ
交配親:Indian Summer × 実生
咲き方:四季咲き
花形:丸弁平咲き
花径:中輪
香り:強香(フルーツ香)
樹形:半横張り性
樹高:100cm
撮影:横浜イングリッシュガーデン 2014年11月

栽培テクニックはトップページ「バラの園芸・作業」をクリックしてください。

細くしなやかな枝と小さな葉ももつバラ

バラ園の風景:
バラ園の風景

スポンサードリンク