ピューレッツァ Purezza は、モッコウバラ系の品種とされ、よく似た白花が房咲きになります。花サイズは一回り大きめで、花びらがうつむき気味に開きます。

ピューレッツアはつる性です

日本の白モッコウバラに似ている

スポンサードリンク
  • 数輪の大きな房咲きになり、とても花つきがよい。
  • 交配親に黄木香ばら一重の品種が使われた。
  • 早咲きで、多くの品種より2週間位早く開花する。
  • 耐病性は、うどんこ病、黒星病ともに強い。病気に強い品種でも、月間1回程度の薬剤散布をして予防対策をすることで、より順調な生長が促進されます。

※ バラの手入れや病害虫の防除⇒トップページ「バラの園芸・作業」をクリックしてください。

樹高が250cm以上になる

ピューレッツアは一季咲きです

ピューレッツアは小輪サイズ

ピューレッツアはイタリアで産出された

ピューレッツアの樹勢は普通です

シュラブ樹形で枝にはトゲが少ない

  • 作出国:イタリア
  • 作出年:1961年
  • 作出者:Quinto Mansuino
  • 系統:[S] シュラブ
  • 交配:Tom Thumb × Rosa banksiae f. lutescens Voss
  • 咲き方:返り咲き
  • 花形:八重咲き
  • 花径:小輪(3cm・花弁数9~27枚)
  • 香り:微香
  • 樹形:シュラブ・半つる性(剪定して自立・誘引してつるバラ)
  • 樹高:250cm
  • 撮影:花菜ガーデン 2018年5月

純白の小輪花を咲かせる

バラ園の風景:春の花菜ガーデン

春の花菜ガーデンの風景

  • 園芸メモ:エアプランツ
  • 中南米原産のパイナップル科チランジア属の植物の流通名です。
  • 多くは自分を支えるための僅かな根はあり、自生地では樹木などに付着している着生植物です。
  • 空気中の水分を、葉の表面の吸収鱗毛という細かい毛から吸収して生育する。
  • 日本で栽培する場合いは、更に霧吹きなどで水分を吹きかけてやります。
スポンサードリンク