リッチフィールド エンジェル- Lichfield Angel は、シュートの発生が活発で多くの花をつけます。花弁は少しうつむき加減に咲き、オールドローズの風情を感じさせます。

リッチフィールド・エンジェルはシュラブ系統

春の花後もシーズンを通して秋まで咲きます

スポンサードリンク
  • 5~7輪の房咲きになり、花つきがとてもよい。
  • 葉は長卵型の明緑色で数多く茂る。
  • トゲは少なく扱いやすい株立ち。
  • 耐病性は、うどんこ病、黒星病ともに強い。病気に強い品種でも、月間1回程度の薬剤散布をして予防対策をすることで、より順調な生長が促進されます。

※ バラの手入れや病害虫の防除⇒詳細はトップページの「バラの園芸・作業」をクリックしてください。

四季咲き性です

イングリッシュローズです

樹高は130cmです

耐病性に優れています

英国王立園芸協会の栄誉賞を受賞

  • 作出国:イギリス
  • 作出年:2005年
  • 作出者:David Austin
  • 系統:[S] シュラブ(イングリッシュローズ)
  • 交配:実生 × 実生
  • 咲き方:四季咲き
  • 花形:深いカップ咲き~ロゼット咲き
  • 花径:中輪(9cm・花弁数41+)
  • 香り:中香(ティー香)
  • 樹形:シュラブ樹形(木立ち or 小型のつるバラ)
  • 樹高:130cm
  • 撮影:生田緑地ばら苑 2017年5月

つるバラの株元に絡めると映えます

バラ園の風景:春の横浜イングリッシュガーデン

春の横浜イングリッシュガーデンの風景

園芸メモ・バラの栽培用語:ステム→花茎・花枝のこと。

スポンサードリンク