モニカ-Monica は、花枝が長く細かなトゲが少ないので切り花用に向いています。

モニカはハイブリッドティー系統

明るいオレンジ色の表弁と裏側が薄いクリーム色の花弁

  • 1輪咲きになり、枝は真っ直ぐに伸長する。
  • 葉は大ぶりな濃緑色で光沢のある照り葉。
  • 樹勢が強く、直立性の枝は180cmにも及ぶ高い株に生長する。
  • 耐病性は、うどんこ病、黒星病ともに普通。月間3~4回の定期的な薬剤散布は必要です。
  • 園芸メモ→冬剪定をしておきましょう
  • 春の手入れは、古い枝を切り取ることでシュートの発生を促して、枝を更新することにより株が若返り、花つきもよくなります。
  • 適期は、2月です。(品種によっては1月から可能なものもある)
  • 前年の開花枝〔一番花)を2~3節残して切り取る。
  • よい芽がない枝も、まずは剪定しておきましょう。
  • 堅くて太い枝は浅く、柔らかくて細い枝は深く切りましょう。
  • その他に、枯れ枝や病気の枝(病班のあるもの、枯れ込みがみられるもの)は、つけ根から切り取ります。

スポンサードリンク

バラのタイトル 今月のバラ

モニカは剣弁高芯咲きです

モニカは直立性です

モニカは四季咲き品種です

モニカは花径が約10cmの中輪花

枝や新芽の葉が赤みがかる

  • 品種名:モニカ M0nica
  • 作出国:ドイツ
  • 作出年:1985年
  • 作出者:Hans Jürgen Evers (Tantau Roses が発売)
  • 系統:[HT] ハイブリッドティー
  • 交配:
  • 咲き方:四季咲き
  • 花形:剣弁高芯咲き
  • 花径:大輪(10cm・花弁数17~25枚)
  • 香り:微香
  • 樹形:直立性
  • 樹高:160cm
  • 撮影:横浜イングリッシュガーデン 2017年5月

※ バラの手入れや病害虫の対策⇒詳細はトップページの「バラの園芸・作業」をクリックしてください。

樹勢が強く枝は真っ直ぐに伸長して高い株立ちになる

バラ園の風景:春の横浜イングリッシュガーデン

春の横浜イングリッシュガーデンの風景