ホワイト メイディランド-White Meidiland は、グランドカバーから低めのフェンス仕立てまで様々なスタイルに使えます。5月中旬から晩秋まで、シーズンを通して咲き続けます。みじかめのつるバラとして、オベリスクなどへ誘引しても見映えがよい。

ホワイト メイディランドはシュラブ系とのバラです

花弁が厚いので雨などによる傷みがすくない

  • 数輪の房咲きになり、オールドローズのような雰囲気の花を咲かせる。
  • 樹勢が強く、丈夫な株立ちになり育てやすい品種です。
  • 花ガラが自然に落ちるので、花後の花ガラ摘みの手間がかからない。
  • 耐病性は、うどんこ病には普通。黒星病には少し弱い。いずれも定期的な薬剤散布は必要です。
  • 黒星病の防除→早期発見をして、病葉を摘み取り薬剤を散布しましょう。発見したら中3日位のペースで3回を目安に行います。
  • 落ちた葉はこまめに拾って処分し、発生源をなくします。
  • 肥料管理の面ではチッ素過多にならないよう、バランスの良い肥料やりを心がけます。鉢植えの場合なるべく雨に当たらないようにしましょう。

スポンサードリンク

今日のバラ・タイトル

ホワイト メイディランドは四季咲き性です

ホワイト メイディランドはロゼット咲きです

シュラブ樹形で横に匍匐するように広がる

  • 品種名:ホワイト メイディランド White Meidiland
  • 作出国:フランス
  • 作出年:1987年
  • 作出者:Marie-Louise (Louisette) Meilland
  • 系統:[S] シュラブ
  • 交配親:Temple Bells × Coppélia ’76
  • 咲き方:四季咲き
  • 花形:ロゼット咲き
  • 花径:小中輪(6cm・花弁数60~80枚)
  • 香り:微香
  • 樹形:横張り性
  • 樹高:100cm
  • 撮影:京成バラ園 2017年10月

※ バラの手入れや病害虫の対策⇒詳細はトップページの「バラの園芸・作業」をクリックしてください。

グランドカバーにも適している

バラ園の風景:

京成バラ園の風景