サフラノ-Safrano はティー・ローズ系統のバラです。花弁数の少ないシンプルな花姿は、クリーム色から淡いピンク色ぼかしの花色です。明るい黄色のシベが元気よく伸長します。ティー・ローズ系統のバラは、紅茶のような甘い独特の香りを持ち、優美な花姿で人気の高い品種群です。

珍しいティー系統のバラ

別名を”西王母”と呼ばれる、人気のあるティー・ローズ系統の代表種

  • 1~3輪の房咲きになり、花つきは普通でティー系の芳香がある。
  • 樹形は半横張り性で、シュートの発生が活発で元気に分枝します。
  • 花弁数は約25枚の中輪サイズの半八重咲き。
  • 寒冷地の信州に住む友人が育てていますが、数年を経て樹勢が強く丈夫な株に育っています。
  • 耐病性は、うどんこ病、黒星病ともに強い。
  • 強健なので育てやすく、初心者にお勧めのバラです。

スポンサードリンク

うどんこ病、黒星病に強い

名花レディー ヒリンドンと共に古くから栽培されているティーローズ系の品種

最も古いティー・ローズの品種の一つ

ティーローズ系の品種の中でも最も多花性の品種です

オールドローズ系統のバラ

強健な性質で多くの花を咲かせる

  • 品種名:サフラノ Safrano
  • 作出国:フランス
  • 作出年:1839年にBeauregard が作出
  • 作出者:1911年にHazlewood Bros. Pty Ltd. (豪)が発表
  • 系統:[T] ティー・ローズ
  • 交配親:Park’s Yellow Tea-scented China × Madame Desprez
  • 咲き方:四季咲き
  • 花形:半八重カップ咲き
  • 花径:中輪(7cm・花弁数・17~25枚)
  • 香り:中香(ティー香)
  • 樹形:半横張り性
  • 樹高:120cm
  • 撮影:花菜ガーデン 2017年5月

※ バラの手入れや病害虫の対策⇒詳細はトップページの「バラの園芸・作業」をクリックしてください。

チャイナローズに極めて近い系統で枝に赤みが射す

バラ園の風景:

春の花菜ガーデンの風景

スポンサードリンク