ジャルダン ドゥ フランス-Jardins de France は、とても花つきがよく大きな房咲きになります。ブラインド・シュートが少ないので、ほとんどの枝に花をつけます。

ジャルダン・ドゥ・フランスはフロリバンダ系統

サーモンピンク色の花びらを10輪以上つける多花性

スポンサードリンク
  • 蛍光色の花弁は丸弁平咲きになるバラ。
  • 花つきがよく、10~15輪の房咲きになる多花性のバラです。
  • ブラインド・シュートが少なく、ほとんど全ての枝に花が咲きます。
  • 樹形は直立性で、まとまりのよい株姿になります。
  • 耐病性は、うどんこ病、黒星病ともに普通。毎週1回以上の継続的な薬剤散布は必要です。

※ バラの手入れや病害虫の防除⇒トップページ「園芸・作業」をクリックしてください。

ジャルダン・ドゥ・フランスは四季咲き性

ジャルダン・ドゥ・フランスの花形は丸弁平咲き

ジャルダン・ドゥ・フランスの花径は7cmほど

ジャルダン・ドゥ・フランスの花弁数は35枚程

ジャルダン・ドゥ・フランスはメイアン社が作出

ジャルダン・ドゥ・フランスの樹形は直立性

花枝が長くトゲが少ないので切り花に適するバラ

  • 作出国:フランス
  • 作出年:1998年
  • 作出者:Meilland International
  • 系統:[F] フロリバンダ
  • 交配親:Celine Delbard × Laura
  • 咲き方:四季咲き
  • 花形:丸弁平咲き
  • 花径:中輪(7cm・花弁数30~35枚)
  • 香り:中香
  • 樹形:直立性
  • 樹高:130cm
  • 撮影:神代植物公園・2014年5・6月 谷津バラ園・2014年10月・2015年5月

輝くようなサーモンピンクの花弁で弁端が波打つ

バラ園の風景:新宿御苑のバラ園

新宿御苑の庭内のバラ

スポンサードリンク