シャルトルーズ ドゥ パルム Chartreuse de Parme は、冷涼な気候になると花弁がロールして剣弁になる。樹形はやや横張り性が強く、枝が斜上するので剪定して樹形を整えます。

シャルトルーズドゥパルムはハイブリッドティー系

花首が長くトゲも少ないので切り花に向く

スポンサードリンク
  • 単輪咲きになり、12cmを越える大輪から巨大輪になる。
  • 花弁数は41枚以上の多弁で、涼しい気温になると弁端が丸まり剣弁になる。
  • 交配親のNut d’Orient(Big Purple) は、香水ブランドにもなる程の芳香種で、その影響が色濃く伝わっている。
  • 耐病性は、うどんこ病には普通。黒星病には要注意。春から秋の生育期には、1週間~10日に1回以上の定期的な薬剤散布は欠かせません。

※ バラの手入れや病害虫の防除⇒トップページ「バラの園芸・作業」をクリックしてください。

シャルトルーズドゥパルムは四季咲き

シャルトルーズドゥパルムは横張り性

シャルトルーズドゥパルムは丸弁咲き

シャルトルーズドゥパルムは大輪サイズ

強いダマスク系の芳香がある

  • 作出国:フランス
  • 作出年:1996年
  • 作出者:G. Delbard
  • 系統:[HT] ハイブリッドティー〔シュラブ)
  • 交配:Yves Piaget × Nuit d’Orient
  • 咲き方:四季咲き
  • 花形:丸弁咲き
  • 花径:大輪(12cm・花弁数41枚+)
  • 香り:強香(ダマスク香)
  • 樹形:半横張り性
  • 樹高:120cm
  • 撮影:横浜イングリッシュガーデン 201710月

デルバール作出のフレンチローズ

バラ園の風景:横浜のバラ園にて

横浜にあるバラ園

園芸メモ:カラーリーフプランツ⇒葉色の美しい植物のこと。花とは異なり、長期に渡り美しい状態が維持されるので、観賞用として愛用されている。

スポンサードリンク