エナ ハークネス- Ena Harkness は、クリムゾン グローリーを交配親に持ち、ビロードのような花弁と深い紅色を受け継いだ強健な品種です。

エナハークネスはハイブリッドティー系統

ビロードのような深紅色の花弁

スポンサードリンク
  • 花首が長く真っ直ぐに伸長する。
  • 花びらの質がよく、厚みがあり花もちがよい。
  • 葉は大ぶりで光沢のある明緑色でよく茂る。
  • 耐病性は、うどんこ病、黒星病ともに普通。1週間~10日に1回以上の定期的な薬剤散布は欠かせません。

※ バラの手入れや病害虫の防除:詳細はトップページの「バラの園芸・作業」をクリックしてください。

エナハークネスは半直立性の樹形

エナハークネスは剣弁高芯咲きです

エナハークネスは四季咲きです

エナハークネスは赤色の大輪サイズ

抱え咲きで丸みのある花形から剣弁咲きへ

  • 作出国:イギリス
  • 作出年:1940年に、Albert Norman が作出
  • 作出者:1946年に、Harkness & Co. Ltd. が発表
  • 系統:[HT] ハイブリッドティー
  • 交配:Crimson Glory × Southport
  • 咲き方:四季咲き
  • 花形:剣弁高芯咲き
  • 花径:中大輪(9cm・花弁数26~40枚)
  • 香り:中香(ダマスク香)
  • 樹形:半横張り性
  • 樹高:100cm
  • 撮影:野津田バラ園 2017年5月

やや横張り気味だがコンパクトにまとまる樹形

バラ園の風景:春の野津田バラ園の風景

春の野津田バラ園の風景

  • 園芸メモ・バラの栽培用語:日向土(ひゅうがつち)⇒
  • 宮崎県都城市付近から産出される石で、霧島山の火山砂礫(かざんされき)です。
  • 多孔質の硬質軽石で、排水性・通気性・保水性が優れている。弱酸性の性質で雑菌の繁殖を抑え、根腐れ予防の効果もある。
スポンサードリンク